総量規制対象外のサービスとキャッシングの使い分け

総量規制とは、貸金業法で定められた債務が過剰に増えないようにする為の仕組みであり、キャッシングなどの個人向け融資の利用者が利用しているキャッシングの総限度額がユーザーの年収の3分の1までしか設定されないというものです。

総量規制の対象は、主に消費者金融会社のキャッシングですので、その他のローンでは、総量規制が適用されません。

キャッシングは、利用用途が制限されていませんので、多くの人々に利用されています。

その為、使い途に自由度があるキャッシングと総量規制対象外の融資サービスを併用すれば、それぞれの強みを活かす事ができ、効率的に融資を受けられる環境を構築出来ます。

キャッシングは、全国に設置されている提携ATMを通して融資や返済が行えますので利便性が高い融資サービスとして利用する事が出来るでしょう。

金利が気になる方は銀行カードローンがおすすめ

消費者金融のキャッシングは業者もたくさんあり、業者の中には必要なときに瞬時に振り込みをしてくれるサービスを提供しているところもあります。
そのため、急に金策をする必要に迫られた方の多くはその手段として消費者金融のキャッシングを利用することがほとんどなのですが、消費者金融のキャッシングには金利が高いというデメリットもあります。

もちろん消費者金融のキャッシングの場合、お金を借りるにあたって担保も保証人も要らない代わりとして高めに金利となっているのですが、金利の高さというものは利息の額に大きく影響してくるのでまだ消費者金融のキャッシングでお金を借りたことのない人の中には、利息の支払いが心配だという方もおられるはずです。そのような方におすすめなのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングによく似たサービスですが両者を比較した場合、金利面で銀行カードローンの方がより消費者にやさしい設定となっています。
銀行カードローンの金利は銀行ごとにそれぞれ多少の違いはありますが、消費者金融のキャッシングと比べて数パーセントは金利が低く設定されているので、初めてお金を借りるという方でも利息の支払いが大きな負担に感じることなく安心して利用することができます。

これからの消費者金融は「即日」融資への強さがポイントに

年末年始や年度末、お金が必要となる事態は案外近い時期に集中していることが多いものですが、そのために多くの企業は「即日融資」を前面に押し出して顧客へのアピールを続けてきました。しかし、銀行系のキャッシングに関しては、近年いわゆる総量規制対象外での融資の急な拡大などが社会的な問題にもなり、2018年からは即日融資が難しくなるという報道も出てきているようです。

しかし、融資をする前に当局のデータベースへの照会をしなければならないといった規定は存在せず、即日融資自体が禁じられたわけではありません。これらのことから、即日融資は消費者金融系が独占することになるとも考えられています。大きな枠での規制がどうであれ、急な出費に困るという状況は常にあり続けるわけで、これからの消費者金融は、より即日迅速での融資を前面に出してくることが考えられます。

カードローンの借り換えタイミングについて

複数の金融会社のカードローンを利用している場合、返済に関する手続きがわずらわしくなってきます。それぞれ返済日が違うし、返済額、利用できるATMをきちんと把握していないと、ATMの利用手数料がかかったり、最悪な場合は返済が遅れて信用を失うことにもなりかねません。
消費者金融や銀行では、そんな利用者のために「おまとめローン」というサービスも提供しています。いわゆる「借り換え」です。1社で新たに多額のローンを組み、そのお金で、他の金融機関のカードローンを綺麗に返済してしまうことで、返済先を1社に絞ることができます。

とはいえ、せっかく借り換えても、金利が高くなってしまっては、その後の返済が大変です。借り換えのタイミングは、現在利用しているカードローンよりも低い金利で借りることができる金融会社が見つかった時。金利の低い銀行のカードローンの審査に通った時が、借り換えのベスト・タイミングとなります。
もう一つのタイミングは、現在利用中の消費者金融の一つで、利用限度額が増額申込みの審査に通った時です。金利はこれまでと同じでも、返済先を1社に絞ることで、毎月の返済の手間がかなり省けます。返済日を間違えるといったトラブルも回避できます。

複数のカードローンを利用して、おまとめを考えている場合は、新たな審査に通るよう、信用度を上げることが大切になってきます。

即日キャッシングを受ける為の条件と審査について

即日でキャッシングを考えているならばキャッシングを申し込んだ後の審査時間だけではなく、申し込みから融資までの全ての時間をスピーディに行えるカードローンを選ぶ必要があります。

多くの金融機関では実際に即日融資を受ける場合、来店して契約するならば2つの条件をクリアする必要があります。1つ目は審査可能な時間内に審査が終わるという点で、2つ目は自動契約機の営業時間内にカード発行までの手続きを終了させるという点です。

それに対してホームページ上で契約する場合には、金融機関によって決められた時間内に振込融資依頼の手続きまで終わらせれば融資を受けることが出来ます。

基本的に債務情報がまっさらな状態であればキャッシングの審査は難しくありませんが、過去にキャッシングを含めた債務で返済が遅れてしまう事があったならば審査に通り難くなります。その理由は非常に簡単で即日で金融機関としてはキャッシングを行う以上、確実に返済してもらえる実績を求めるからです。その為、過去に返済を滞納した履歴が残っていると「返済されない可能性がある人」と判断するのです。また、現在進行形で他社からも3件以上の借入れがあるとキャッシングの審査に悪影響を与えることがあるので注意が必要となります。

お金を借りる金融機関は消費者金融を含めて調べましょう

誰でもお金を借りるときは利息を小さくしたいものだと思います。利息を少なくすることをキャッシング選びで優先順位の1位にしているのであれば、無利息キャッシングサービスを展開している消費者金融に申し込むのがいいでしょう。決められた期間内であれば金利が0となるので必然的に利息は0円となるのです。消費者金融に対してあまり良いイメージを持たれていない方もいるかも知れませんが、大手銀行のグループに入っているところであれば安心でしょう。消費者金融系キャッシングの金利は18%前後となっている場合が多く、この金利は銀行系のカードローンの金利より少し高いのが現状です。

そうであれば銀行系のカードローンに申し込みをするのが良いように思えますが、消費者金融系のキャッシングには銀行系のものにはないメリットもあるので、お金を借りる際には消費者金融系のキャッシングを含めて調べてくといいのです。消費者金融系キャッシングが持っているメリットとしては、審査に掛る時間が短いことや、アルバイトやパートで働いている方でも申し込めるというようなことを挙げることができます。無利息キャッシングも消費者金融が持つメリットと言えます。すべての消費者金融に無利息キャッシングがあるわけではないのですが、お金を借りるときは消費者金融を含めて調べてみることをおススメします。

アルバイトでもキャッシングをすることはできるのか?

アルバイトとして働く人でもキャッシングを利用してお金を借りることはできるのでしょうか?
サラリーマンと比べるとアルバイトは審査に通りにくいというイメージを持つ人が多く、キャッシングの申し込みを敬遠してしまいがちです。
しかし、アルバイトであってもキャッシングを利用することはできます。

重要なのは現在のアルバイトで継続的に収入を得ていける見通しがあるかどうかです。
一定額の収入が見込めるのであればアルバイトであっても返済能力があると見なされ、キャッシングの契約をしてもらえる可能性は高いでしょう。
逆に短期のアルバイトを繰り返していたり、現在のアルバイト先に勤めてからの期間が短かったりすると断られるケースが出てきます。
アルバイトで働きながらキャッシングを利用したいのであれば、同じ場所である程度の期間働けるようになってからの方が良いと思います。

また、キャッシングを申し込む際に注意したいのが総量規制による借り入れの限度額です。
銀行系のカードローンを除き、基本的に限度額の上限は年収の3分の1の金額までとなります。
これはアルバイトであっても同様なので、希望限度額を自分自身で記入する際には年収の3分の1を超えないように注意してください。
さらに総量規制による限度額の上限は複数の会社で合計されるため、既に別のキャッシングを利用している場合にはそちらの金額も考慮に入れる必要があります。

注意すべて点はあるものの、条件を満たしていればアルバイトでもキャッシングを利用することはできるので安心してください。

専業主婦でもキャッシングを利用できるのか

2010年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されたため、現在では個人の借入できる金額は年収の3分の1までと法律で定められています。そのため、現在では年収が300万円の人が借入可能な金額は100万円以下に制限されますし、専業主婦などの収入がない人は基本的にキャッシングを利用することができません。

しかし、専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すればキャッシングを利用することは可能です。配偶者貸付制度とは夫婦であることが証明可能なら、夫婦の年収の合算額の3分の1の金額まで借入可能となる制度です。つまり、専業主婦である妻の年収が0円でも、夫の年収が600万円なら200万円まで借入可能となるのです。また、銀行ローンは総量規制の対象外となっているので、銀行ローンなら収入のない専業主婦でも利用することは可能です。ただし、ほとんどの銀行ローンは本人に収入がないと申込めませんし、申込めたとしても夫に安定収入があることが条件となるので注意が必要です。

学生でもキャッシングは可能か?

キャッシングって気軽に利用できるみたいだけど学生でも借りる事ができるのかと疑問に思っている方もいると思います。

答えは出来るです。ただし20歳以上であること、アルバイトなどで収入があることなどが条件になっています。20歳になっていれば親の同意は不要です。

親に内緒でということであれば気になるのがアルバイト先への在籍確認ですが、会社名は出さず個人名での確認作業なのでローン会社の人だとバレることはなさそうです。

学生とはいえ大人ですのでなにかと物入りな場合もあるかもしれませんが、できればキャッシングを利用する前に親を頼ることができるならそうしてほしいと思います。

あくまで借りることができるという事実だけは知っていて損はないと思います。

キャッシングは計画的返済を。

キャッシングは、計画的に返済をしないとなりません。

ほとんどの返済は返済期日が決められており入金や口座に金額を入れなくてはなりません。

そのため足りない金額があると引き落とされないのです。

特に仕事などしている人は借りている金融会社などからの電話などあると大変迷惑ですし仕事などに支障が出てきます。

ある程度は返済期日を延長してくれますがそれよりも過ぎてしまうと延長利息がかかりますので余計に支払わないとなります。

誰もが余分なお金を払いたくないものですので返済期日は守るべきだと言うことです。

もし返済期日にお金を用意できそうにないならば一度借りている金融会社に連絡を入れて相談してみるとよいものでしょう。

少なくとも無下に断られることは少ないですし数日ならば延長してもらえる可能性はありますので相談してみるとよいでしょう。

ただ一番してはならないのは何の連絡もなしに支払いもなく入金もしないと却って悪くなり延長料金もかかり最悪裁判沙汰になる恐れもあるのです。

このようなことからきちんと返済期日を守り返済をしていくように心がけて行く姿勢が大切ですね。

期日が近づいて来たならば金額を用意して払えるようにしておきトラブルのないようにしましょう。