金利の高い銀行カードローンには理由がある?

一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低くなっています。この理由は、貸し出す資金の調達にその銀行の預金がそのまま利用できるからです。元々銀行は預けてもらったお金を様々なローンとして貸し出すことで、預金者に支払う利息との差額で利益をあげています。

対する消費者金融は自己資金だけで行っている場合はともかく、預金を集めるという行為が行えない為、銀行から借りたお金を貸していることが多いです。よって、銀行より低い金利で貸すということは難しく、カードローンでも銀行より高い金利設定になっています。

ですが、中には銀行でも消費者金融並に金利の高いカードローンがあります。その代表的な2つは新生銀行のレイクとオリックス銀行のカードローンです。これらは共に最高金利が年利18%で、消費者金融のそれと全く変わりません。何故この2つの銀行カードローンはこんなに金利が高いのでしょうか?

それは、まずレイクは元は大手消費者金融だったので、その時代からの金利設定を引き継いでいるからです。レイクが銀行カードローンになったのは2011年の10月からで、それ以前から利用していた人と条件が変わってしまっては色々な不都合がある為、銀行カードローンとなった現在でも消費者金融と同等の金利設定のまま提供されています。

そして、オリックス銀行は普通預金口座を提供していない信託口座専用の銀行です。つまり、それほど預金を頻繁に集められるという性質ではない為、どうしても金利を高くせざるを得ないのです。

ただ、2つのカードローンとも金利が高いというだけでは誰も利用しようとは思いません。そこで、レイクでは無利息サービスとATMの手数料が無料という2つのサービスを売りにしており、オリックス銀行でもATMの手数料が無料で、更にどのATMからでも千円単位での借り入れが可能となっています。このような他ではまず見ないサービスを提供している為、金利が高くても利用者が多いのです。

特にこの2つの銀行に共通するATMの手数料が無料という点は、頻繁にATMから利用する人にはかなりお得なサービスになります。このように、一見銀行カードローンにしては金利が高い場合、それを補うべく提供しているサービスがあると考えていいでしょう。

即日融資OKのキャッシングにおける注意点

急な出費が当日以内という喫緊の案件として発生し、それに対し手持ちのお金で対処出来ず、また都合により銀行等の口座から現金を下ろせない場合、当然最終的に頼るべきは即日融資可能なキャッシング、という結論に落ち着くでしょう。

キャッシングによる即日融資も可能という消費者金融業者や銀行も多いのですが、最低でも審査に伴う手続きが簡単である事、そしてお金を借入するATMが身近に存在する事が申し込む条件となるでしょう。

その点手元にそれらの業者のサービスサイトに接続出来る、パソコン等の端末があると大変便利。それさえあれば、後は自分の身分や収入を証明する簡単な書類や写真を用意すれば、すぐに送信し審査をお願いし、審査に通れば即最寄りのATMで必要な現金を借入する事が出来るのです。

そこで問題となるのは審査の判定が出るまでのレスポンス。即日融資の審査を依頼しているのは少なくとも自分だけではありませんから、当然混み合えば順番待ちで待たされるケースも出てきます。

即日融資の必要を感じたら即申し込むと共に、なるべく審査のレスポンスが短くて済む業者を選ぶと良いでしょう。

業者によっては審査の申込みから1時間前後でATMからの借入が可能となるケースもあり、想像以上に使い勝手は良いものです。

キャッシングの増額申し込みは慎重に

消費者金融でのキャッシングの上限金額は、年収の3分の1です。
しかし初回のキャッシングでは、そのさらに数分の1が借り入れ金額として提示されます。これは、キャッシングの利用者と消費者金融との信頼関係が、まだ十分に築かれていないからです。
逆に言えば、信頼されればより多くのお金をキャッシングできるということです。
そして信頼されるためには、借り入れと返済とを計画的に行う必要があります。無理のないペースでキャッシングをし、それを問題なく返済していれば、徐々に消費者金融から信頼されるようになるのです。

そして信頼度が消費者金融が独自に定めているレベルを超えると、電話やメールなどで増額について案内されるようになります。
増額とは借り入れ金額のアップのことで、これが認められると、以前よりも多くのお金を借り入れできるようになります。
また増額は、消費者金融からの案内がなくても申し込むことが可能です。ただし消費者金融からの信頼を得ていない場合には、増額申し込みをしても拒否されてしまいます。
返済遅延など信頼を失うようなことをしていた場合には、借り入れ金額がむしろ下がることもあります。そのため増額申し込みは、慎重に行うことが大事です。
消費者金融によっては、WEB上の会員ページで増額可能かどうかを確認できるので、それを見てから申し込みをすることもひとつの手です。

専業主婦がキャッシングをするなら銀行カードローンです

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用することができませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦(もしくは主夫)に限っては、その収入を元にして契約を行うことができます。

このような契約方法を配偶者貸付といい、消費者金融でもこの制度を利用することができますが、実際には消費者金融で配偶者貸付によって融資を行ってくれることは稀なので、基本的には銀行を利用した方がいいでしょう。ほとんどの銀行ではこの制度による融資を行っています。

配偶者貸付を利用するには収入のある配偶者の氏名やおおよその年収、勤務先、その連絡先の情報が必要になります。ですが、審査時にそちらに連絡をするようなことはないので安心してください。特に配偶者の身分証明書や収入証明書なども必要になりませんが、銀行によっては配偶者との婚姻関係の立証の為に住民票の提出が必要な場合があるので、必要になる書類は先に確認しておきましょう。

専業主婦(もしくは主夫)がこの配偶者貸付によって契約を行うと、限度額は30~50万円の間になることがほとんどです。これは配偶者の収入とはあまり関係なく、これくらいの金額が上限になります。いくら配偶者に収入があったとしても、その中からどれだけ契約者の返済に回せるかは分からない為です。

返済こそ配偶者の収入を元に行いますが、契約を行ったのは申込みをした本人です。よって、返済はその本人が行う必要があります。もし延滞をした場合でも配偶者に連絡されることはありませんが、内緒で契約をしていた場合は催促状などでその利用が発覚してしまうかも知れません。バレずに利用する為にも返済だけはきちんと行うことが大切になります。

消費者金融で無利息サービスが適用された時の注意点

アコムやプロミスなど大手の消費者金融では初めて利用する時に無利息サービスが適用されます。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済する時に負担が少なくなるのがメリットになります。しかし無利息サービスが適用された時に注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで無利息サービスが適用された時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・借り過ぎないようにする

無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息になるので少し余分に借りてしまう人も多いです。それで借り過ぎてしまうと無利息サービスが終了しても完済出来なくてその後に利息が加算されてしまいます。消費者金融は金利が高く設定されているので利息が多く加算されてしまい返済が困難になってしまう可能性があります。無利息サービスが適用されても油断しないで必要な分だけ借りるようにしましょう。

・返済期日までに必ず支払う

無利息サービスが適用された時に返済期日までに支払わないと遅延損害金を支払わなければいけなくなります。遅延損害金は金利が高く設定されているので通常の借り入れより加算される利息が多くなってしまいます。それで返済が困難になってしまう可能性があるので無利息サービスが適用された時は返済期日までに必ず支払うようにしましょう。

主婦のキャッシングには総量規制に注意しよう

主婦がキャッシングを行なって家計管理をするためには、主婦本人にパート勤務といった収入があるかが重要です。
なぜなら、2010年6月に改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法に準拠した貸付業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けているからです。

総量規制は、本人の年収に対して1/3迄の範囲までしか貸付出来ないように制限を設けているので、主婦本人に収入が無い専業主婦の場合には、残念ながら消費者金融や信販会社からの借入れは出来ません。
あくまでもパート収入といった主婦本人に収入がある場合のみ、貸金業法に基づく貸付が受けられるわけです。

しかし、世の中には配偶者が多忙で専業主婦が家計管理を行っているケースは少なくありません。
総量規制の対象となるのは、あくまでも貸金業法に準拠した金融業者に限定されることに着目すれば、銀行法や信用金庫法といった別の法律が適用されている金融機関ならば、総量規制対象外です。
専業主婦が本人名義で借入れを行なう際には、配偶者貸付という制度を利用する必要があります。
難しいものではなく、銀行や信用金庫のカードローンを利用する際に、配偶者の収入を申告して審査を受ければ良いだけです。

カードローンならば審査時間が短く済む

カードローンで借入を行なった資金は、利用規約に違反しない範囲内ならば自由に使うことが出来ます。返済を滞らせない限りは、実際の利用目的について細かく指摘されることはありません。入院費や手術費用を支払う際に利用できる医療用ローンは、審査基準が厳しい割に金利が安いとは限らないので、返済計画さえしっかり立ててしまえば、カードローンの借入金で賄っても良いでしょう。銀行カードローンが利用出来るならば、目的別ローンとは異なり即日審査に対応している銀行も登場しています。

従来は銀行の営業時間内のみしか審査に対応していなかった銀行カードローンは、消費者金融と同様に土日であっても審査業務を行っているケースがあります。背景としては、実際の審査を行っているのは、指定された保証会社だからです。保証会社は、銀行の傘下に入っているか提携関係にある信販会社や消費者金融が指定されており、ノンバンクの審査システムを銀行カードローンに導入しているからこそ、土日であっても審査業務が行えるわけです。最終的な専用ローンカード発行業務については、銀行が行なうことになりますが、テレビ窓口などを利用してオペレーター業務を行なう人は、外部スタッフを使うことも可能です。

専業主婦が楽天銀行スーパーローンを利用する2つのメリット

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので大手銀行のカードローンに比べて利便性が高いと言われています。それにより大手銀行のカードローンより楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が増えてきていますが、実は専業主婦が利用するとメリットになる点もあります。そこで専業主婦が楽天銀行スーパーローンを利用するメリットを挙げていく事にしましょう。

・他の銀行カードローンに比べて限度額が高い

大手銀行のカードローンも専業主婦の利用が可能ですが、限度額が最大で30万円までに抑えられてしまいます。それにより借り入れする時に不都合になってしまう事もあります。しかし楽天銀行スーパーローンは専業主婦が利用する時の限度額が最大で50万円になります。他の銀行カードローンに比べて限度額が高いのがメリットになります。

・スマホですべての手続きをする事が出来る

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申込方法はネットで行う事になります。それによりスマホですべての手続きをする事が出来るので他の人にお金を借りる事を内緒にする事が出来ます。専業主婦がお金を借りる時は他の人には知られたくないものなのでスマホですべての手続きをする事が出来るのはメリットになります。

プロミスを使う利点はどんな事?

消費者金融は中小から大手までいろいろです。でもみんなが気になるのは特に大手の消費者金融。ここではプロミスを使う利点について見ていきましょう。

・審査時間が短い

 プロミスの審査時間は短い時で30分で終わります。プロミスが独自に開発している属性スコアリングシステムにより、審査の速度を劇的にアップさせました。ネットで申し込んで来店しなくても契約まで完了できます。

 したがって急いで融資を受けたい人にはお勧めできます。

・携帯ATMの数が多い

 プロミスの特徴にはATMの数が多い点が挙げられます。利用できる携帯ATM数は業界内でも著しく多いです。コンビニに備え付けてあるATMだけでなくて、地方銀行のATMを利用する事も出来ます。

・24時間振り込み融資ができる

 プロミスでは三井住友銀かジャパンネット銀行の口座を所持していれば、24時間いつでも振り込み融資が可能です。これは瞬フリサービスと言います。例えば夜でも急にお金が必要になった時にも便利です。

・上限金利が低い

 大手の消費者金融で例えば、アコムやアイフルなどでは上限金利が18.0%なのに対してプロミスの場合には上限金利が17.8%です。少しでも金利を抑えたい人にはプロミスの金利は魅力的です。

 費者金融にはそれぞれに特徴がありますから、他の消費者金融と比較してみましょう。自分の希望に合う会社を見つかるかもしれません。

銀行カードローンの驚くべき貸付制限

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いと言えば、総量規制に対象であるか対象外であるかということです。2010年の貸金業法の改正によって消費者金融を含む貸金業者には総量規制が導入され、顧客の年収の三分の一以上の貸付に制限が設けられました。

いわばこれは、法律的に年収の三分の一以上の貸付をすれば、顧客の返済能力を超えてしまう可能性があるということを認定したものと解釈できると思われます。銀行カードローンに総量規制が導入されなかったのは銀行は審査に厳しいので貸金業者のように法的な規制をしなくても返済能力を超えた貸付をしないということであったと考えられます。

しかし、最近になって銀行カードローンの過剰融資問題が発覚しました。銀行カードローンの顧客への過剰融資が自己破産者の増加を招いているとわかったからです。

金融庁などの指導によって銀行は自主規制として融資限度額を減少することなどを導入しましたが、メガバンクの一つの「みずほ銀行カードローン」では貸付限度額を年収の二分の一から年収の三分の一にするということです。なんと、貸金業者では法的規制が入っている金額をメガバンクのカードローンが貸付可能であったということです。これを聞いて銀行の信用度も地に落ちたと感じる人はかなりいるでしょう。