キャッシングの本人確認について

消費者金融や銀行などの金融機関で、キャッシングを利用する時は、必ず本人確認があります。

本人確認の提出書類は、主に、「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などがあります。

それ以外では、「住民票」「年金手帳」「印鑑証明」なども受け付けている機関もあります。

顔写真が入っている免許証などの書類は、本人である事が確認しやすいのでよく使われます。

また、外国籍の方の場合は、「在住カード」「特別永住証明書」の提出を求められます。

もし、記載された住所と現在の住所が異なる場合は、それらが確認できる追加の書類が必要になります。

書類の提出方法は、インターネットを使った書類の画像の送信や店舗に持参、FAXでの送信、郵送などがあります。

書類での本人確認以外では、「在籍確認」というものがあり、勤務先や自宅などに金融機関から電話で本人確認があります。

個人名を使ってかける所や金融名でかける所など、利用する金融機関によって違います。