銀行カードローンの驚くべき貸付制限

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いと言えば、総量規制に対象であるか対象外であるかということです。2010年の貸金業法の改正によって消費者金融を含む貸金業者には総量規制が導入され、顧客の年収の三分の一以上の貸付に制限が設けられました。

いわばこれは、法律的に年収の三分の一以上の貸付をすれば、顧客の返済能力を超えてしまう可能性があるということを認定したものと解釈できると思われます。銀行カードローンに総量規制が導入されなかったのは銀行は審査に厳しいので貸金業者のように法的な規制をしなくても返済能力を超えた貸付をしないということであったと考えられます。

しかし、最近になって銀行カードローンの過剰融資問題が発覚しました。銀行カードローンの顧客への過剰融資が自己破産者の増加を招いているとわかったからです。

金融庁などの指導によって銀行は自主規制として融資限度額を減少することなどを導入しましたが、メガバンクの一つの「みずほ銀行カードローン」では貸付限度額を年収の二分の一から年収の三分の一にするということです。なんと、貸金業者では法的規制が入っている金額をメガバンクのカードローンが貸付可能であったということです。これを聞いて銀行の信用度も地に落ちたと感じる人はかなりいるでしょう。