専業主婦がキャッシングをするなら銀行カードローンです

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用することができませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦(もしくは主夫)に限っては、その収入を元にして契約を行うことができます。

このような契約方法を配偶者貸付といい、消費者金融でもこの制度を利用することができますが、実際には消費者金融で配偶者貸付によって融資を行ってくれることは稀なので、基本的には銀行を利用した方がいいでしょう。ほとんどの銀行ではこの制度による融資を行っています。

配偶者貸付を利用するには収入のある配偶者の氏名やおおよその年収、勤務先、その連絡先の情報が必要になります。ですが、審査時にそちらに連絡をするようなことはないので安心してください。特に配偶者の身分証明書や収入証明書なども必要になりませんが、銀行によっては配偶者との婚姻関係の立証の為に住民票の提出が必要な場合があるので、必要になる書類は先に確認しておきましょう。

専業主婦(もしくは主夫)がこの配偶者貸付によって契約を行うと、限度額は30~50万円の間になることがほとんどです。これは配偶者の収入とはあまり関係なく、これくらいの金額が上限になります。いくら配偶者に収入があったとしても、その中からどれだけ契約者の返済に回せるかは分からない為です。

返済こそ配偶者の収入を元に行いますが、契約を行ったのは申込みをした本人です。よって、返済はその本人が行う必要があります。もし延滞をした場合でも配偶者に連絡されることはありませんが、内緒で契約をしていた場合は催促状などでその利用が発覚してしまうかも知れません。バレずに利用する為にも返済だけはきちんと行うことが大切になります。