即日キャッシングを受ける為の条件と審査について

即日でキャッシングを考えているならばキャッシングを申し込んだ後の審査時間だけではなく、申し込みから融資までの全ての時間をスピーディに行えるカードローンを選ぶ必要があります。

多くの金融機関では実際に即日融資を受ける場合、来店して契約するならば2つの条件をクリアする必要があります。1つ目は審査可能な時間内に審査が終わるという点で、2つ目は自動契約機の営業時間内にカード発行までの手続きを終了させるという点です。

それに対してホームページ上で契約する場合には、金融機関によって決められた時間内に振込融資依頼の手続きまで終わらせれば融資を受けることが出来ます。

基本的に債務情報がまっさらな状態であればキャッシングの審査は難しくありませんが、過去にキャッシングを含めた債務で返済が遅れてしまう事があったならば審査に通り難くなります。その理由は非常に簡単で即日で金融機関としてはキャッシングを行う以上、確実に返済してもらえる実績を求めるからです。その為、過去に返済を滞納した履歴が残っていると「返済されない可能性がある人」と判断するのです。また、現在進行形で他社からも3件以上の借入れがあるとキャッシングの審査に悪影響を与えることがあるので注意が必要となります。

お金を借りる金融機関は消費者金融を含めて調べましょう

誰でもお金を借りるときは利息を小さくしたいものだと思います。利息を少なくすることをキャッシング選びで優先順位の1位にしているのであれば、無利息キャッシングサービスを展開している消費者金融に申し込むのがいいでしょう。決められた期間内であれば金利が0となるので必然的に利息は0円となるのです。消費者金融に対してあまり良いイメージを持たれていない方もいるかも知れませんが、大手銀行のグループに入っているところであれば安心でしょう。消費者金融系キャッシングの金利は18%前後となっている場合が多く、この金利は銀行系のカードローンの金利より少し高いのが現状です。

そうであれば銀行系のカードローンに申し込みをするのが良いように思えますが、消費者金融系のキャッシングには銀行系のものにはないメリットもあるので、お金を借りる際には消費者金融系のキャッシングを含めて調べてくといいのです。消費者金融系キャッシングが持っているメリットとしては、審査に掛る時間が短いことや、アルバイトやパートで働いている方でも申し込めるというようなことを挙げることができます。無利息キャッシングも消費者金融が持つメリットと言えます。すべての消費者金融に無利息キャッシングがあるわけではないのですが、お金を借りるときは消費者金融を含めて調べてみることをおススメします。

アルバイトでもキャッシングをすることはできるのか?

アルバイトとして働く人でもキャッシングを利用してお金を借りることはできるのでしょうか?
サラリーマンと比べるとアルバイトは審査に通りにくいというイメージを持つ人が多く、キャッシングの申し込みを敬遠してしまいがちです。
しかし、アルバイトであってもキャッシングを利用することはできます。

重要なのは現在のアルバイトで継続的に収入を得ていける見通しがあるかどうかです。
一定額の収入が見込めるのであればアルバイトであっても返済能力があると見なされ、キャッシングの契約をしてもらえる可能性は高いでしょう。
逆に短期のアルバイトを繰り返していたり、現在のアルバイト先に勤めてからの期間が短かったりすると断られるケースが出てきます。
アルバイトで働きながらキャッシングを利用したいのであれば、同じ場所である程度の期間働けるようになってからの方が良いと思います。

また、キャッシングを申し込む際に注意したいのが総量規制による借り入れの限度額です。
銀行系のカードローンを除き、基本的に限度額の上限は年収の3分の1の金額までとなります。
これはアルバイトであっても同様なので、希望限度額を自分自身で記入する際には年収の3分の1を超えないように注意してください。
さらに総量規制による限度額の上限は複数の会社で合計されるため、既に別のキャッシングを利用している場合にはそちらの金額も考慮に入れる必要があります。

注意すべて点はあるものの、条件を満たしていればアルバイトでもキャッシングを利用することはできるので安心してください。

専業主婦でもキャッシングを利用できるのか

2010年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されたため、現在では個人の借入できる金額は年収の3分の1までと法律で定められています。そのため、現在では年収が300万円の人が借入可能な金額は100万円以下に制限されますし、専業主婦などの収入がない人は基本的にキャッシングを利用することができません。

しかし、専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すればキャッシングを利用することは可能です。配偶者貸付制度とは夫婦であることが証明可能なら、夫婦の年収の合算額の3分の1の金額まで借入可能となる制度です。つまり、専業主婦である妻の年収が0円でも、夫の年収が600万円なら200万円まで借入可能となるのです。また、銀行ローンは総量規制の対象外となっているので、銀行ローンなら収入のない専業主婦でも利用することは可能です。ただし、ほとんどの銀行ローンは本人に収入がないと申込めませんし、申込めたとしても夫に安定収入があることが条件となるので注意が必要です。

学生でもキャッシングは可能か?

キャッシングって気軽に利用できるみたいだけど学生でも借りる事ができるのかと疑問に思っている方もいると思います。

答えは出来るです。ただし20歳以上であること、アルバイトなどで収入があることなどが条件になっています。20歳になっていれば親の同意は不要です。

親に内緒でということであれば気になるのがアルバイト先への在籍確認ですが、会社名は出さず個人名での確認作業なのでローン会社の人だとバレることはなさそうです。

学生とはいえ大人ですのでなにかと物入りな場合もあるかもしれませんが、できればキャッシングを利用する前に親を頼ることができるならそうしてほしいと思います。

あくまで借りることができるという事実だけは知っていて損はないと思います。

キャッシングは計画的返済を。

キャッシングは、計画的に返済をしないとなりません。

ほとんどの返済は返済期日が決められており入金や口座に金額を入れなくてはなりません。

そのため足りない金額があると引き落とされないのです。

特に仕事などしている人は借りている金融会社などからの電話などあると大変迷惑ですし仕事などに支障が出てきます。

ある程度は返済期日を延長してくれますがそれよりも過ぎてしまうと延長利息がかかりますので余計に支払わないとなります。

誰もが余分なお金を払いたくないものですので返済期日は守るべきだと言うことです。

もし返済期日にお金を用意できそうにないならば一度借りている金融会社に連絡を入れて相談してみるとよいものでしょう。

少なくとも無下に断られることは少ないですし数日ならば延長してもらえる可能性はありますので相談してみるとよいでしょう。

ただ一番してはならないのは何の連絡もなしに支払いもなく入金もしないと却って悪くなり延長料金もかかり最悪裁判沙汰になる恐れもあるのです。

このようなことからきちんと返済期日を守り返済をしていくように心がけて行く姿勢が大切ですね。

期日が近づいて来たならば金額を用意して払えるようにしておきトラブルのないようにしましょう。

金利の高い銀行カードローンには理由がある?

一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低くなっています。この理由は、貸し出す資金の調達にその銀行の預金がそのまま利用できるからです。元々銀行は預けてもらったお金を様々なローンとして貸し出すことで、預金者に支払う利息との差額で利益をあげています。

対する消費者金融は自己資金だけで行っている場合はともかく、預金を集めるという行為が行えない為、銀行から借りたお金を貸していることが多いです。よって、銀行より低い金利で貸すということは難しく、カードローンでも銀行より高い金利設定になっています。

ですが、中には銀行でも消費者金融並に金利の高いカードローンがあります。その代表的な2つは新生銀行のレイクとオリックス銀行のカードローンです。これらは共に最高金利が年利18%で、消費者金融のそれと全く変わりません。何故この2つの銀行カードローンはこんなに金利が高いのでしょうか?

それは、まずレイクは元は大手消費者金融だったので、その時代からの金利設定を引き継いでいるからです。レイクが銀行カードローンになったのは2011年の10月からで、それ以前から利用していた人と条件が変わってしまっては色々な不都合がある為、銀行カードローンとなった現在でも消費者金融と同等の金利設定のまま提供されています。

そして、オリックス銀行は普通預金口座を提供していない信託口座専用の銀行です。つまり、それほど預金を頻繁に集められるという性質ではない為、どうしても金利を高くせざるを得ないのです。

ただ、2つのカードローンとも金利が高いというだけでは誰も利用しようとは思いません。そこで、レイクでは無利息サービスとATMの手数料が無料という2つのサービスを売りにしており、オリックス銀行でもATMの手数料が無料で、更にどのATMからでも千円単位での借り入れが可能となっています。このような他ではまず見ないサービスを提供している為、金利が高くても利用者が多いのです。

特にこの2つの銀行に共通するATMの手数料が無料という点は、頻繁にATMから利用する人にはかなりお得なサービスになります。このように、一見銀行カードローンにしては金利が高い場合、それを補うべく提供しているサービスがあると考えていいでしょう。

即日融資OKのキャッシングにおける注意点

急な出費が当日以内という喫緊の案件として発生し、それに対し手持ちのお金で対処出来ず、また都合により銀行等の口座から現金を下ろせない場合、当然最終的に頼るべきは即日融資可能なキャッシング、という結論に落ち着くでしょう。

キャッシングによる即日融資も可能という消費者金融業者や銀行も多いのですが、最低でも審査に伴う手続きが簡単である事、そしてお金を借入するATMが身近に存在する事が申し込む条件となるでしょう。

その点手元にそれらの業者のサービスサイトに接続出来る、パソコン等の端末があると大変便利。それさえあれば、後は自分の身分や収入を証明する簡単な書類や写真を用意すれば、すぐに送信し審査をお願いし、審査に通れば即最寄りのATMで必要な現金を借入する事が出来るのです。

そこで問題となるのは審査の判定が出るまでのレスポンス。即日融資の審査を依頼しているのは少なくとも自分だけではありませんから、当然混み合えば順番待ちで待たされるケースも出てきます。

即日融資の必要を感じたら即申し込むと共に、なるべく審査のレスポンスが短くて済む業者を選ぶと良いでしょう。

業者によっては審査の申込みから1時間前後でATMからの借入が可能となるケースもあり、想像以上に使い勝手は良いものです。

キャッシングの増額申し込みは慎重に

消費者金融でのキャッシングの上限金額は、年収の3分の1です。
しかし初回のキャッシングでは、そのさらに数分の1が借り入れ金額として提示されます。これは、キャッシングの利用者と消費者金融との信頼関係が、まだ十分に築かれていないからです。
逆に言えば、信頼されればより多くのお金をキャッシングできるということです。
そして信頼されるためには、借り入れと返済とを計画的に行う必要があります。無理のないペースでキャッシングをし、それを問題なく返済していれば、徐々に消費者金融から信頼されるようになるのです。

そして信頼度が消費者金融が独自に定めているレベルを超えると、電話やメールなどで増額について案内されるようになります。
増額とは借り入れ金額のアップのことで、これが認められると、以前よりも多くのお金を借り入れできるようになります。
また増額は、消費者金融からの案内がなくても申し込むことが可能です。ただし消費者金融からの信頼を得ていない場合には、増額申し込みをしても拒否されてしまいます。
返済遅延など信頼を失うようなことをしていた場合には、借り入れ金額がむしろ下がることもあります。そのため増額申し込みは、慎重に行うことが大事です。
消費者金融によっては、WEB上の会員ページで増額可能かどうかを確認できるので、それを見てから申し込みをすることもひとつの手です。

専業主婦がキャッシングをするなら銀行カードローンです

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用することができませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦(もしくは主夫)に限っては、その収入を元にして契約を行うことができます。

このような契約方法を配偶者貸付といい、消費者金融でもこの制度を利用することができますが、実際には消費者金融で配偶者貸付によって融資を行ってくれることは稀なので、基本的には銀行を利用した方がいいでしょう。ほとんどの銀行ではこの制度による融資を行っています。

配偶者貸付を利用するには収入のある配偶者の氏名やおおよその年収、勤務先、その連絡先の情報が必要になります。ですが、審査時にそちらに連絡をするようなことはないので安心してください。特に配偶者の身分証明書や収入証明書なども必要になりませんが、銀行によっては配偶者との婚姻関係の立証の為に住民票の提出が必要な場合があるので、必要になる書類は先に確認しておきましょう。

専業主婦(もしくは主夫)がこの配偶者貸付によって契約を行うと、限度額は30~50万円の間になることがほとんどです。これは配偶者の収入とはあまり関係なく、これくらいの金額が上限になります。いくら配偶者に収入があったとしても、その中からどれだけ契約者の返済に回せるかは分からない為です。

返済こそ配偶者の収入を元に行いますが、契約を行ったのは申込みをした本人です。よって、返済はその本人が行う必要があります。もし延滞をした場合でも配偶者に連絡されることはありませんが、内緒で契約をしていた場合は催促状などでその利用が発覚してしまうかも知れません。バレずに利用する為にも返済だけはきちんと行うことが大切になります。