銀行カードローンの驚くべき貸付制限

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いと言えば、総量規制に対象であるか対象外であるかということです。2010年の貸金業法の改正によって消費者金融を含む貸金業者には総量規制が導入され、顧客の年収の三分の一以上の貸付に制限が設けられました。

いわばこれは、法律的に年収の三分の一以上の貸付をすれば、顧客の返済能力を超えてしまう可能性があるということを認定したものと解釈できると思われます。銀行カードローンに総量規制が導入されなかったのは銀行は審査に厳しいので貸金業者のように法的な規制をしなくても返済能力を超えた貸付をしないということであったと考えられます。

しかし、最近になって銀行カードローンの過剰融資問題が発覚しました。銀行カードローンの顧客への過剰融資が自己破産者の増加を招いているとわかったからです。

金融庁などの指導によって銀行は自主規制として融資限度額を減少することなどを導入しましたが、メガバンクの一つの「みずほ銀行カードローン」では貸付限度額を年収の二分の一から年収の三分の一にするということです。なんと、貸金業者では法的規制が入っている金額をメガバンクのカードローンが貸付可能であったということです。これを聞いて銀行の信用度も地に落ちたと感じる人はかなりいるでしょう。

新生銀行カードローンレイクを初めて利用する以外の人が多く利用している理由は?

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息と2種類の無利息サービスが用意されているので初めて利用する人にとっては大きなメリットになります。しかし新生銀行カードローンレイクを初めて利用する以外の人も多く利用しています。新生銀行カードローンレイクは金利が高く設定されているなどデメリットになってしまう事もありますが、なぜ初めて利用する以外の人も多く利用しているのかその理由を検証していきましょう。

新生銀行カードローンレイクは申込、契約、借入、返済とすべての手続きをインターネット上で出来るという特徴があります。そのためインターネット環境が整っていればどこでも手続きが出来てしまいます。またインターネット上での手続きという事で24時間いつでも可能なので自分の都合に合わせるという事も出来ます。インターネット上ですべての手続きが出来ると来店不要、カード発行不要、郵送物一切なしとメリットになる事も多いのでその辺りが主な理由でしょう。

借入限度額の増額は可能です

消費者金融のキャッシングに申し込んでみたところ、私はフリーターなのですが審査に通してもらうことができました。これで私は晴れてキャッシングを利用して融資を受けられることになった訳ですが借入できる金額は10万円までという制限が設けられてしまいました。

この借入制限は私だけではなはキャッシングの利用者には誰にでも設けられているものです。正社員として働いているひとの借入限度額は30万円くらいらしいと聞いたことがあります。私は正社員ではなく非正規雇用で働いているので、それだけ信用が低く設定されてしまい10万円までとなったのだと思います。

借入限度額は10万円となりましたが特に不満は感じていません。生活していくうえでお金がちょっと足りなくなってしまったときにキャッシングでお金を借りたいと思い申し込んだので10万円もあれば何の不自由もありません。この借入限度額は申し込みの際に設定されますが真面目にキャッシングを利用していくことを繰り返していけば増額も可能だと聞きました。

今のところ私はいちどに10万円も借りることはないと思いますが、今後はどうなるか判りません。もしかすると将来はもっとお金が必要になるかも知れませんので、借りたお金はちゃと返済することを繰り返して借入限度の増額を目指しても良いかなと思っています。

キャッシングの利用方法と審査

無人契約機でお金を借りる

現在ではお金の融資サービスのほとんどはキャッシングと呼ぶ傾向にあります。無担保、保証人無しのサービスもあれば不動産を担保としたサービスもあり、それぞれに利点と限度額などが違います。

とはいえ利用する際に審査を受ける必要がある点についてはどれも同じです。審査対象者は金融機関によって異なることもありますが、仕事をしていて収入が安定さえしていれば審査を受ける資格はあります。正社員の他、派遣社員、アルバイト、パートなどでも審査対象ということは現在では多く、なかには自営業向けカードローンを用意している金融機関も存在します。

審査の甘い金融機関ほど通りやすいものですが、キャッシングを選ぶポイントは目的に合わせた方が良いことも多いです。金利、限度額、返済方法など人によっては審査以上に意識を割いておいた方が良いです。サービスを総合的に見て利用しやすい金融機関を探すことが重要となります。

ちなみに、審査結果が即日で分かるサービスもあります。具体的な限度額も審査後に通知されるシステムが多く、限度額が確定すればその金額までなら何回でも融資できます。ただしお金を借りる際には、返済できる分だけ借りるのが賢い利用方法です。