即日融資OKのキャッシングにおける注意点

急な出費が当日以内という喫緊の案件として発生し、それに対し手持ちのお金で対処出来ず、また都合により銀行等の口座から現金を下ろせない場合、当然最終的に頼るべきは即日融資可能なキャッシング、という結論に落ち着くでしょう。

キャッシングによる即日融資も可能という消費者金融業者や銀行も多いのですが、最低でも審査に伴う手続きが簡単である事、そしてお金を借入するATMが身近に存在する事が申し込む条件となるでしょう。

その点手元にそれらの業者のサービスサイトに接続出来る、パソコン等の端末があると大変便利。それさえあれば、後は自分の身分や収入を証明する簡単な書類や写真を用意すれば、すぐに送信し審査をお願いし、審査に通れば即最寄りのATMで必要な現金を借入する事が出来るのです。

そこで問題となるのは審査の判定が出るまでのレスポンス。即日融資の審査を依頼しているのは少なくとも自分だけではありませんから、当然混み合えば順番待ちで待たされるケースも出てきます。

即日融資の必要を感じたら即申し込むと共に、なるべく審査のレスポンスが短くて済む業者を選ぶと良いでしょう。

業者によっては審査の申込みから1時間前後でATMからの借入が可能となるケースもあり、想像以上に使い勝手は良いものです。

キャッシングの増額申し込みは慎重に

消費者金融でのキャッシングの上限金額は、年収の3分の1です。
しかし初回のキャッシングでは、そのさらに数分の1が借り入れ金額として提示されます。これは、キャッシングの利用者と消費者金融との信頼関係が、まだ十分に築かれていないからです。
逆に言えば、信頼されればより多くのお金をキャッシングできるということです。
そして信頼されるためには、借り入れと返済とを計画的に行う必要があります。無理のないペースでキャッシングをし、それを問題なく返済していれば、徐々に消費者金融から信頼されるようになるのです。

そして信頼度が消費者金融が独自に定めているレベルを超えると、電話やメールなどで増額について案内されるようになります。
増額とは借り入れ金額のアップのことで、これが認められると、以前よりも多くのお金を借り入れできるようになります。
また増額は、消費者金融からの案内がなくても申し込むことが可能です。ただし消費者金融からの信頼を得ていない場合には、増額申し込みをしても拒否されてしまいます。
返済遅延など信頼を失うようなことをしていた場合には、借り入れ金額がむしろ下がることもあります。そのため増額申し込みは、慎重に行うことが大事です。
消費者金融によっては、WEB上の会員ページで増額可能かどうかを確認できるので、それを見てから申し込みをすることもひとつの手です。

専業主婦がキャッシングをするなら銀行カードローンです

キャッシングは基本的に本人に収入がないと利用することができませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦(もしくは主夫)に限っては、その収入を元にして契約を行うことができます。

このような契約方法を配偶者貸付といい、消費者金融でもこの制度を利用することができますが、実際には消費者金融で配偶者貸付によって融資を行ってくれることは稀なので、基本的には銀行を利用した方がいいでしょう。ほとんどの銀行ではこの制度による融資を行っています。

配偶者貸付を利用するには収入のある配偶者の氏名やおおよその年収、勤務先、その連絡先の情報が必要になります。ですが、審査時にそちらに連絡をするようなことはないので安心してください。特に配偶者の身分証明書や収入証明書なども必要になりませんが、銀行によっては配偶者との婚姻関係の立証の為に住民票の提出が必要な場合があるので、必要になる書類は先に確認しておきましょう。

専業主婦(もしくは主夫)がこの配偶者貸付によって契約を行うと、限度額は30~50万円の間になることがほとんどです。これは配偶者の収入とはあまり関係なく、これくらいの金額が上限になります。いくら配偶者に収入があったとしても、その中からどれだけ契約者の返済に回せるかは分からない為です。

返済こそ配偶者の収入を元に行いますが、契約を行ったのは申込みをした本人です。よって、返済はその本人が行う必要があります。もし延滞をした場合でも配偶者に連絡されることはありませんが、内緒で契約をしていた場合は催促状などでその利用が発覚してしまうかも知れません。バレずに利用する為にも返済だけはきちんと行うことが大切になります。

消費者金融で無利息サービスが適用された時の注意点

アコムやプロミスなど大手の消費者金融では初めて利用する時に無利息サービスが適用されます。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済する時に負担が少なくなるのがメリットになります。しかし無利息サービスが適用された時に注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで無利息サービスが適用された時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・借り過ぎないようにする

無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息になるので少し余分に借りてしまう人も多いです。それで借り過ぎてしまうと無利息サービスが終了しても完済出来なくてその後に利息が加算されてしまいます。消費者金融は金利が高く設定されているので利息が多く加算されてしまい返済が困難になってしまう可能性があります。無利息サービスが適用されても油断しないで必要な分だけ借りるようにしましょう。

・返済期日までに必ず支払う

無利息サービスが適用された時に返済期日までに支払わないと遅延損害金を支払わなければいけなくなります。遅延損害金は金利が高く設定されているので通常の借り入れより加算される利息が多くなってしまいます。それで返済が困難になってしまう可能性があるので無利息サービスが適用された時は返済期日までに必ず支払うようにしましょう。