キャッシングは計画的返済を。

キャッシングは、計画的に返済をしないとなりません。

ほとんどの返済は返済期日が決められており入金や口座に金額を入れなくてはなりません。

そのため足りない金額があると引き落とされないのです。

特に仕事などしている人は借りている金融会社などからの電話などあると大変迷惑ですし仕事などに支障が出てきます。

ある程度は返済期日を延長してくれますがそれよりも過ぎてしまうと延長利息がかかりますので余計に支払わないとなります。

誰もが余分なお金を払いたくないものですので返済期日は守るべきだと言うことです。

もし返済期日にお金を用意できそうにないならば一度借りている金融会社に連絡を入れて相談してみるとよいものでしょう。

少なくとも無下に断られることは少ないですし数日ならば延長してもらえる可能性はありますので相談してみるとよいでしょう。

ただ一番してはならないのは何の連絡もなしに支払いもなく入金もしないと却って悪くなり延長料金もかかり最悪裁判沙汰になる恐れもあるのです。

このようなことからきちんと返済期日を守り返済をしていくように心がけて行く姿勢が大切ですね。

期日が近づいて来たならば金額を用意して払えるようにしておきトラブルのないようにしましょう。

金利の高い銀行カードローンには理由がある?

一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低くなっています。この理由は、貸し出す資金の調達にその銀行の預金がそのまま利用できるからです。元々銀行は預けてもらったお金を様々なローンとして貸し出すことで、預金者に支払う利息との差額で利益をあげています。

対する消費者金融は自己資金だけで行っている場合はともかく、預金を集めるという行為が行えない為、銀行から借りたお金を貸していることが多いです。よって、銀行より低い金利で貸すということは難しく、カードローンでも銀行より高い金利設定になっています。

ですが、中には銀行でも消費者金融並に金利の高いカードローンがあります。その代表的な2つは新生銀行のレイクとオリックス銀行のカードローンです。これらは共に最高金利が年利18%で、消費者金融のそれと全く変わりません。何故この2つの銀行カードローンはこんなに金利が高いのでしょうか?

それは、まずレイクは元は大手消費者金融だったので、その時代からの金利設定を引き継いでいるからです。レイクが銀行カードローンになったのは2011年の10月からで、それ以前から利用していた人と条件が変わってしまっては色々な不都合がある為、銀行カードローンとなった現在でも消費者金融と同等の金利設定のまま提供されています。

そして、オリックス銀行は普通預金口座を提供していない信託口座専用の銀行です。つまり、それほど預金を頻繁に集められるという性質ではない為、どうしても金利を高くせざるを得ないのです。

ただ、2つのカードローンとも金利が高いというだけでは誰も利用しようとは思いません。そこで、レイクでは無利息サービスとATMの手数料が無料という2つのサービスを売りにしており、オリックス銀行でもATMの手数料が無料で、更にどのATMからでも千円単位での借り入れが可能となっています。このような他ではまず見ないサービスを提供している為、金利が高くても利用者が多いのです。

特にこの2つの銀行に共通するATMの手数料が無料という点は、頻繁にATMから利用する人にはかなりお得なサービスになります。このように、一見銀行カードローンにしては金利が高い場合、それを補うべく提供しているサービスがあると考えていいでしょう。