アルバイトでもキャッシングをすることはできるのか?

アルバイトとして働く人でもキャッシングを利用してお金を借りることはできるのでしょうか?
サラリーマンと比べるとアルバイトは審査に通りにくいというイメージを持つ人が多く、キャッシングの申し込みを敬遠してしまいがちです。
しかし、アルバイトであってもキャッシングを利用することはできます。

重要なのは現在のアルバイトで継続的に収入を得ていける見通しがあるかどうかです。
一定額の収入が見込めるのであればアルバイトであっても返済能力があると見なされ、キャッシングの契約をしてもらえる可能性は高いでしょう。
逆に短期のアルバイトを繰り返していたり、現在のアルバイト先に勤めてからの期間が短かったりすると断られるケースが出てきます。
アルバイトで働きながらキャッシングを利用したいのであれば、同じ場所である程度の期間働けるようになってからの方が良いと思います。

また、キャッシングを申し込む際に注意したいのが総量規制による借り入れの限度額です。
銀行系のカードローンを除き、基本的に限度額の上限は年収の3分の1の金額までとなります。
これはアルバイトであっても同様なので、希望限度額を自分自身で記入する際には年収の3分の1を超えないように注意してください。
さらに総量規制による限度額の上限は複数の会社で合計されるため、既に別のキャッシングを利用している場合にはそちらの金額も考慮に入れる必要があります。

注意すべて点はあるものの、条件を満たしていればアルバイトでもキャッシングを利用することはできるので安心してください。

専業主婦でもキャッシングを利用できるのか

2010年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されたため、現在では個人の借入できる金額は年収の3分の1までと法律で定められています。そのため、現在では年収が300万円の人が借入可能な金額は100万円以下に制限されますし、専業主婦などの収入がない人は基本的にキャッシングを利用することができません。

しかし、専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すればキャッシングを利用することは可能です。配偶者貸付制度とは夫婦であることが証明可能なら、夫婦の年収の合算額の3分の1の金額まで借入可能となる制度です。つまり、専業主婦である妻の年収が0円でも、夫の年収が600万円なら200万円まで借入可能となるのです。また、銀行ローンは総量規制の対象外となっているので、銀行ローンなら収入のない専業主婦でも利用することは可能です。ただし、ほとんどの銀行ローンは本人に収入がないと申込めませんし、申込めたとしても夫に安定収入があることが条件となるので注意が必要です。

学生でもキャッシングは可能か?

キャッシングって気軽に利用できるみたいだけど学生でも借りる事ができるのかと疑問に思っている方もいると思います。

答えは出来るです。ただし20歳以上であること、アルバイトなどで収入があることなどが条件になっています。20歳になっていれば親の同意は不要です。

親に内緒でということであれば気になるのがアルバイト先への在籍確認ですが、会社名は出さず個人名での確認作業なのでローン会社の人だとバレることはなさそうです。

学生とはいえ大人ですのでなにかと物入りな場合もあるかもしれませんが、できればキャッシングを利用する前に親を頼ることができるならそうしてほしいと思います。

あくまで借りることができるという事実だけは知っていて損はないと思います。