カードローンの借り換えタイミングについて

複数の金融会社のカードローンを利用している場合、返済に関する手続きがわずらわしくなってきます。それぞれ返済日が違うし、返済額、利用できるATMをきちんと把握していないと、ATMの利用手数料がかかったり、最悪な場合は返済が遅れて信用を失うことにもなりかねません。
消費者金融や銀行では、そんな利用者のために「おまとめローン」というサービスも提供しています。いわゆる「借り換え」です。1社で新たに多額のローンを組み、そのお金で、他の金融機関のカードローンを綺麗に返済してしまうことで、返済先を1社に絞ることができます。

とはいえ、せっかく借り換えても、金利が高くなってしまっては、その後の返済が大変です。借り換えのタイミングは、現在利用しているカードローンよりも低い金利で借りることができる金融会社が見つかった時。金利の低い銀行のカードローンの審査に通った時が、借り換えのベスト・タイミングとなります。
もう一つのタイミングは、現在利用中の消費者金融の一つで、利用限度額が増額申込みの審査に通った時です。金利はこれまでと同じでも、返済先を1社に絞ることで、毎月の返済の手間がかなり省けます。返済日を間違えるといったトラブルも回避できます。

複数のカードローンを利用して、おまとめを考えている場合は、新たな審査に通るよう、信用度を上げることが大切になってきます。

即日キャッシングを受ける為の条件と審査について

即日でキャッシングを考えているならばキャッシングを申し込んだ後の審査時間だけではなく、申し込みから融資までの全ての時間をスピーディに行えるカードローンを選ぶ必要があります。

多くの金融機関では実際に即日融資を受ける場合、来店して契約するならば2つの条件をクリアする必要があります。1つ目は審査可能な時間内に審査が終わるという点で、2つ目は自動契約機の営業時間内にカード発行までの手続きを終了させるという点です。

それに対してホームページ上で契約する場合には、金融機関によって決められた時間内に振込融資依頼の手続きまで終わらせれば融資を受けることが出来ます。

基本的に債務情報がまっさらな状態であればキャッシングの審査は難しくありませんが、過去にキャッシングを含めた債務で返済が遅れてしまう事があったならば審査に通り難くなります。その理由は非常に簡単で即日で金融機関としてはキャッシングを行う以上、確実に返済してもらえる実績を求めるからです。その為、過去に返済を滞納した履歴が残っていると「返済されない可能性がある人」と判断するのです。また、現在進行形で他社からも3件以上の借入れがあるとキャッシングの審査に悪影響を与えることがあるので注意が必要となります。

お金を借りる金融機関は消費者金融を含めて調べましょう

誰でもお金を借りるときは利息を小さくしたいものだと思います。利息を少なくすることをキャッシング選びで優先順位の1位にしているのであれば、無利息キャッシングサービスを展開している消費者金融に申し込むのがいいでしょう。決められた期間内であれば金利が0となるので必然的に利息は0円となるのです。消費者金融に対してあまり良いイメージを持たれていない方もいるかも知れませんが、大手銀行のグループに入っているところであれば安心でしょう。消費者金融系キャッシングの金利は18%前後となっている場合が多く、この金利は銀行系のカードローンの金利より少し高いのが現状です。

そうであれば銀行系のカードローンに申し込みをするのが良いように思えますが、消費者金融系のキャッシングには銀行系のものにはないメリットもあるので、お金を借りる際には消費者金融系のキャッシングを含めて調べてくといいのです。消費者金融系キャッシングが持っているメリットとしては、審査に掛る時間が短いことや、アルバイトやパートで働いている方でも申し込めるというようなことを挙げることができます。無利息キャッシングも消費者金融が持つメリットと言えます。すべての消費者金融に無利息キャッシングがあるわけではないのですが、お金を借りるときは消費者金融を含めて調べてみることをおススメします。