総量規制対象外のサービスとキャッシングの使い分け

総量規制とは、貸金業法で定められた債務が過剰に増えないようにする為の仕組みであり、キャッシングなどの個人向け融資の利用者が利用しているキャッシングの総限度額がユーザーの年収の3分の1までしか設定されないというものです。

総量規制の対象は、主に消費者金融会社のキャッシングですので、その他のローンでは、総量規制が適用されません。

キャッシングは、利用用途が制限されていませんので、多くの人々に利用されています。

その為、使い途に自由度があるキャッシングと総量規制対象外の融資サービスを併用すれば、それぞれの強みを活かす事ができ、効率的に融資を受けられる環境を構築出来ます。

キャッシングは、全国に設置されている提携ATMを通して融資や返済が行えますので利便性が高い融資サービスとして利用する事が出来るでしょう。

金利が気になる方は銀行カードローンがおすすめ

消費者金融のキャッシングは業者もたくさんあり、業者の中には必要なときに瞬時に振り込みをしてくれるサービスを提供しているところもあります。
そのため、急に金策をする必要に迫られた方の多くはその手段として消費者金融のキャッシングを利用することがほとんどなのですが、消費者金融のキャッシングには金利が高いというデメリットもあります。

もちろん消費者金融のキャッシングの場合、お金を借りるにあたって担保も保証人も要らない代わりとして高めに金利となっているのですが、金利の高さというものは利息の額に大きく影響してくるのでまだ消費者金融のキャッシングでお金を借りたことのない人の中には、利息の支払いが心配だという方もおられるはずです。そのような方におすすめなのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングによく似たサービスですが両者を比較した場合、金利面で銀行カードローンの方がより消費者にやさしい設定となっています。
銀行カードローンの金利は銀行ごとにそれぞれ多少の違いはありますが、消費者金融のキャッシングと比べて数パーセントは金利が低く設定されているので、初めてお金を借りるという方でも利息の支払いが大きな負担に感じることなく安心して利用することができます。

これからの消費者金融は「即日」融資への強さがポイントに

年末年始や年度末、お金が必要となる事態は案外近い時期に集中していることが多いものですが、そのために多くの企業は「即日融資」を前面に押し出して顧客へのアピールを続けてきました。しかし、銀行系のキャッシングに関しては、近年いわゆる総量規制対象外での融資の急な拡大などが社会的な問題にもなり、2018年からは即日融資が難しくなるという報道も出てきているようです。

しかし、融資をする前に当局のデータベースへの照会をしなければならないといった規定は存在せず、即日融資自体が禁じられたわけではありません。これらのことから、即日融資は消費者金融系が独占することになるとも考えられています。大きな枠での規制がどうであれ、急な出費に困るという状況は常にあり続けるわけで、これからの消費者金融は、より即日迅速での融資を前面に出してくることが考えられます。