カードローンを計画的に利用するには

最近カードローンの過剰融資により自己破産者が増加しているとニュースを耳にします。こういうニュースを見るとカードローンの契約に躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、計画的に利用していればそれほど怖いものではありません。

計画的に利用するとは、収入の範囲内で確実に返済できる金額のみを借り入れることを言います。現在カードローンは最大でも年収の3分の1までしか借りられませんが、これでも借入額が多過ぎます。目安はせいぜい年収の15%が限度で、これなら確実に返済できるでしょう。

なおなお初回借入額は20万円前後と多くはありませんが、きちんと返済していれば増額が認められます。しかし安易に融資限度額を増やさず、余計な借入を増やさないことが計画的な利用だと言えるのです。

アルバイトやパートでも安心な消費者金融のキャッシング

非正規雇用のアルバイトやパートといった立場の方は、お金を借りたいというときに弱い立場となってしまうことが多く、審査に落とされてしまうことがしばしばあります。また、審査にかかる時間も非常に長引いてしまうことになります。特に金融機関の貸付審査は非常に厳しく、正規雇用として働いていないアルバイトやパートの方は非正規雇用だという点があだとなってしまい、審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。非正規雇用として働いている方は収入が安定しづらいというのがその理由です。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でもお金を借りられる方法はあります。それは消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、安定した収入が継続してある方ならば問題なく審査に通ることができるからです。消費者金融のキャッシングでは安定した収入があれば雇用の形態が審査に結果に影響することはありません。そのため、これまで金融機関に融資を断られた方や審査に落とされてしまうことが不安だという方は、特に審査が厳しいというわけではない消費者金融のキャッシングに申し込むようにしてはいかがでしょうか。消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートとして働いている方でも安心です。