アルバイトやパートでも安心な消費者金融のキャッシング

非正規雇用のアルバイトやパートといった立場の方は、お金を借りたいというときに弱い立場となってしまうことが多く、審査に落とされてしまうことがしばしばあります。また、審査にかかる時間も非常に長引いてしまうことになります。特に金融機関の貸付審査は非常に厳しく、正規雇用として働いていないアルバイトやパートの方は非正規雇用だという点があだとなってしまい、審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。非正規雇用として働いている方は収入が安定しづらいというのがその理由です。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でもお金を借りられる方法はあります。それは消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、安定した収入が継続してある方ならば問題なく審査に通ることができるからです。消費者金融のキャッシングでは安定した収入があれば雇用の形態が審査に結果に影響することはありません。そのため、これまで金融機関に融資を断られた方や審査に落とされてしまうことが不安だという方は、特に審査が厳しいというわけではない消費者金融のキャッシングに申し込むようにしてはいかがでしょうか。消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートとして働いている方でも安心です。

アルバイトでもキャッシングをすることはできるのか?

アルバイトとして働く人でもキャッシングを利用してお金を借りることはできるのでしょうか?
サラリーマンと比べるとアルバイトは審査に通りにくいというイメージを持つ人が多く、キャッシングの申し込みを敬遠してしまいがちです。
しかし、アルバイトであってもキャッシングを利用することはできます。

重要なのは現在のアルバイトで継続的に収入を得ていける見通しがあるかどうかです。
一定額の収入が見込めるのであればアルバイトであっても返済能力があると見なされ、キャッシングの契約をしてもらえる可能性は高いでしょう。
逆に短期のアルバイトを繰り返していたり、現在のアルバイト先に勤めてからの期間が短かったりすると断られるケースが出てきます。
アルバイトで働きながらキャッシングを利用したいのであれば、同じ場所である程度の期間働けるようになってからの方が良いと思います。

また、キャッシングを申し込む際に注意したいのが総量規制による借り入れの限度額です。
銀行系のカードローンを除き、基本的に限度額の上限は年収の3分の1の金額までとなります。
これはアルバイトであっても同様なので、希望限度額を自分自身で記入する際には年収の3分の1を超えないように注意してください。
さらに総量規制による限度額の上限は複数の会社で合計されるため、既に別のキャッシングを利用している場合にはそちらの金額も考慮に入れる必要があります。

注意すべて点はあるものの、条件を満たしていればアルバイトでもキャッシングを利用することはできるので安心してください。