アイフルの女性専用カードローンの特徴

アイフルでは女性専用のカードローンであるSuLaLiというサービスがあり、初めてカードローンを利用する女性でも安心して利用できるようになっています。同カードローンサービスの特徴を確認していきましょう。

・来店不要で契約できる

SuLaLiはインターネット申込専用商品であり、契約申し込みや書類の提出などはすべてWebで行うことができます。来店不要で契約できるので忙しい人や人目が気になる人でも申し込みがしやすくなっています・

・専用ダイヤルがある

SuLaLiには女性オペレーターが応対する専用のフリーダイヤルがあります。女性スタッフに相談しながらけ契約できるので安心度が高いのです。

・無利息期間がある

アイフルの利用が初めての場合、最大で30日間金利ゼロ円でキャッシングができます。

カードローンと目的ローンはそしてクレジットカードは使い分けが重要!

カードローンやフリーローンは、事業性資金でなければ利用目的は自由です。そのため、商品の購入やサービス利用の支払いに利用することも可能です。しかしながら、現金支払以外の選択肢があるものの、キャッシングにより現金を調達して支払うのは得策ではありません。

商品やサービスの代金支払いは割賦払いすなわち目的ローンが利用でき、クレジットカードも利用できます。これらの金融サービスはキャッシングに比べ、金利は低く設定されており、総支払額はキャッシング利用よりも抑えられます。クレジットカードの契約に期間が掛かるからといってキャッシングで支払うのは避けるのがベストです。最近ではアコムがクレジットカードを発行しており、キャッシング契約と同じように当日契約とカードの発行に対応しています。まずは、キャッシングよりも支払額が少ない方法があることを知っておくことがポイントです。

カードローンを計画的に利用するには

最近カードローンの過剰融資により自己破産者が増加しているとニュースを耳にします。こういうニュースを見るとカードローンの契約に躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、計画的に利用していればそれほど怖いものではありません。

計画的に利用するとは、収入の範囲内で確実に返済できる金額のみを借り入れることを言います。現在カードローンは最大でも年収の3分の1までしか借りられませんが、これでも借入額が多過ぎます。目安はせいぜい年収の15%が限度で、これなら確実に返済できるでしょう。

なおなお初回借入額は20万円前後と多くはありませんが、きちんと返済していれば増額が認められます。しかし安易に融資限度額を増やさず、余計な借入を増やさないことが計画的な利用だと言えるのです。

カードローンの借り換えタイミングについて

複数の金融会社のカードローンを利用している場合、返済に関する手続きがわずらわしくなってきます。それぞれ返済日が違うし、返済額、利用できるATMをきちんと把握していないと、ATMの利用手数料がかかったり、最悪な場合は返済が遅れて信用を失うことにもなりかねません。
消費者金融や銀行では、そんな利用者のために「おまとめローン」というサービスも提供しています。いわゆる「借り換え」です。1社で新たに多額のローンを組み、そのお金で、他の金融機関のカードローンを綺麗に返済してしまうことで、返済先を1社に絞ることができます。

とはいえ、せっかく借り換えても、金利が高くなってしまっては、その後の返済が大変です。借り換えのタイミングは、現在利用しているカードローンよりも低い金利で借りることができる金融会社が見つかった時。金利の低い銀行のカードローンの審査に通った時が、借り換えのベスト・タイミングとなります。
もう一つのタイミングは、現在利用中の消費者金融の一つで、利用限度額が増額申込みの審査に通った時です。金利はこれまでと同じでも、返済先を1社に絞ることで、毎月の返済の手間がかなり省けます。返済日を間違えるといったトラブルも回避できます。

複数のカードローンを利用して、おまとめを考えている場合は、新たな審査に通るよう、信用度を上げることが大切になってきます。

即日キャッシングを受ける為の条件と審査について

即日でキャッシングを考えているならばキャッシングを申し込んだ後の審査時間だけではなく、申し込みから融資までの全ての時間をスピーディに行えるカードローンを選ぶ必要があります。

多くの金融機関では実際に即日融資を受ける場合、来店して契約するならば2つの条件をクリアする必要があります。1つ目は審査可能な時間内に審査が終わるという点で、2つ目は自動契約機の営業時間内にカード発行までの手続きを終了させるという点です。

それに対してホームページ上で契約する場合には、金融機関によって決められた時間内に振込融資依頼の手続きまで終わらせれば融資を受けることが出来ます。

基本的に債務情報がまっさらな状態であればキャッシングの審査は難しくありませんが、過去にキャッシングを含めた債務で返済が遅れてしまう事があったならば審査に通り難くなります。その理由は非常に簡単で即日で金融機関としてはキャッシングを行う以上、確実に返済してもらえる実績を求めるからです。その為、過去に返済を滞納した履歴が残っていると「返済されない可能性がある人」と判断するのです。また、現在進行形で他社からも3件以上の借入れがあるとキャッシングの審査に悪影響を与えることがあるので注意が必要となります。

カードローンならば審査時間が短く済む

カードローンで借入を行なった資金は、利用規約に違反しない範囲内ならば自由に使うことが出来ます。返済を滞らせない限りは、実際の利用目的について細かく指摘されることはありません。入院費や手術費用を支払う際に利用できる医療用ローンは、審査基準が厳しい割に金利が安いとは限らないので、返済計画さえしっかり立ててしまえば、カードローンの借入金で賄っても良いでしょう。銀行カードローンが利用出来るならば、目的別ローンとは異なり即日審査に対応している銀行も登場しています。

従来は銀行の営業時間内のみしか審査に対応していなかった銀行カードローンは、消費者金融と同様に土日であっても審査業務を行っているケースがあります。背景としては、実際の審査を行っているのは、指定された保証会社だからです。保証会社は、銀行の傘下に入っているか提携関係にある信販会社や消費者金融が指定されており、ノンバンクの審査システムを銀行カードローンに導入しているからこそ、土日であっても審査業務が行えるわけです。最終的な専用ローンカード発行業務については、銀行が行なうことになりますが、テレビ窓口などを利用してオペレーター業務を行なう人は、外部スタッフを使うことも可能です。