キャッシングの本人確認について

消費者金融や銀行などの金融機関で、キャッシングを利用する時は、必ず本人確認があります。

本人確認の提出書類は、主に、「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などがあります。

それ以外では、「住民票」「年金手帳」「印鑑証明」なども受け付けている機関もあります。

顔写真が入っている免許証などの書類は、本人である事が確認しやすいのでよく使われます。

また、外国籍の方の場合は、「在住カード」「特別永住証明書」の提出を求められます。

もし、記載された住所と現在の住所が異なる場合は、それらが確認できる追加の書類が必要になります。

書類の提出方法は、インターネットを使った書類の画像の送信や店舗に持参、FAXでの送信、郵送などがあります。

書類での本人確認以外では、「在籍確認」というものがあり、勤務先や自宅などに金融機関から電話で本人確認があります。

個人名を使ってかける所や金融名でかける所など、利用する金融機関によって違います。

キャッシングの利用は審査通過後になる

お金が無い時に便利なキャッシングですが、ただ申し込むだけでは利用できません。申し込むと審査が待っていて、それに通ってこそ利用できるのです。ゆえに、もしも審査に落ちてしまったら、残念ながら一円も借りられません。

しかし一人前の自立した社会人であるならば、キャッシングの審査は普通に通ると考えて間違いありません。なぜなら審査に落ちてしまう人とは、既に借金を抱えていたり、あるいは収入が極端に少ないなどの何か特別な問題を抱えている人たちだけだからです。

また、最近では学生や主婦向けのキャッシングも充実していますので、自分の身の丈に合った少額の借金であるなら、キャッシングの審査も通りやすくなっています。まずはきちんと申し込んで審査を受けてみましょう。

アルバイトやパートでも安心な消費者金融のキャッシング

非正規雇用のアルバイトやパートといった立場の方は、お金を借りたいというときに弱い立場となってしまうことが多く、審査に落とされてしまうことがしばしばあります。また、審査にかかる時間も非常に長引いてしまうことになります。特に金融機関の貸付審査は非常に厳しく、正規雇用として働いていないアルバイトやパートの方は非正規雇用だという点があだとなってしまい、審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。非正規雇用として働いている方は収入が安定しづらいというのがその理由です。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でもお金を借りられる方法はあります。それは消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、安定した収入が継続してある方ならば問題なく審査に通ることができるからです。消費者金融のキャッシングでは安定した収入があれば雇用の形態が審査に結果に影響することはありません。そのため、これまで金融機関に融資を断られた方や審査に落とされてしまうことが不安だという方は、特に審査が厳しいというわけではない消費者金融のキャッシングに申し込むようにしてはいかがでしょうか。消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートとして働いている方でも安心です。

アルバイトでもキャッシングをすることはできるのか?

アルバイトとして働く人でもキャッシングを利用してお金を借りることはできるのでしょうか?
サラリーマンと比べるとアルバイトは審査に通りにくいというイメージを持つ人が多く、キャッシングの申し込みを敬遠してしまいがちです。
しかし、アルバイトであってもキャッシングを利用することはできます。

重要なのは現在のアルバイトで継続的に収入を得ていける見通しがあるかどうかです。
一定額の収入が見込めるのであればアルバイトであっても返済能力があると見なされ、キャッシングの契約をしてもらえる可能性は高いでしょう。
逆に短期のアルバイトを繰り返していたり、現在のアルバイト先に勤めてからの期間が短かったりすると断られるケースが出てきます。
アルバイトで働きながらキャッシングを利用したいのであれば、同じ場所である程度の期間働けるようになってからの方が良いと思います。

また、キャッシングを申し込む際に注意したいのが総量規制による借り入れの限度額です。
銀行系のカードローンを除き、基本的に限度額の上限は年収の3分の1の金額までとなります。
これはアルバイトであっても同様なので、希望限度額を自分自身で記入する際には年収の3分の1を超えないように注意してください。
さらに総量規制による限度額の上限は複数の会社で合計されるため、既に別のキャッシングを利用している場合にはそちらの金額も考慮に入れる必要があります。

注意すべて点はあるものの、条件を満たしていればアルバイトでもキャッシングを利用することはできるので安心してください。

専業主婦でもキャッシングを利用できるのか

2010年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されたため、現在では個人の借入できる金額は年収の3分の1までと法律で定められています。そのため、現在では年収が300万円の人が借入可能な金額は100万円以下に制限されますし、専業主婦などの収入がない人は基本的にキャッシングを利用することができません。

しかし、専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すればキャッシングを利用することは可能です。配偶者貸付制度とは夫婦であることが証明可能なら、夫婦の年収の合算額の3分の1の金額まで借入可能となる制度です。つまり、専業主婦である妻の年収が0円でも、夫の年収が600万円なら200万円まで借入可能となるのです。また、銀行ローンは総量規制の対象外となっているので、銀行ローンなら収入のない専業主婦でも利用することは可能です。ただし、ほとんどの銀行ローンは本人に収入がないと申込めませんし、申込めたとしても夫に安定収入があることが条件となるので注意が必要です。

キャッシングは計画的返済を。

キャッシングは、計画的に返済をしないとなりません。

ほとんどの返済は返済期日が決められており入金や口座に金額を入れなくてはなりません。

そのため足りない金額があると引き落とされないのです。

特に仕事などしている人は借りている金融会社などからの電話などあると大変迷惑ですし仕事などに支障が出てきます。

ある程度は返済期日を延長してくれますがそれよりも過ぎてしまうと延長利息がかかりますので余計に支払わないとなります。

誰もが余分なお金を払いたくないものですので返済期日は守るべきだと言うことです。

もし返済期日にお金を用意できそうにないならば一度借りている金融会社に連絡を入れて相談してみるとよいものでしょう。

少なくとも無下に断られることは少ないですし数日ならば延長してもらえる可能性はありますので相談してみるとよいでしょう。

ただ一番してはならないのは何の連絡もなしに支払いもなく入金もしないと却って悪くなり延長料金もかかり最悪裁判沙汰になる恐れもあるのです。

このようなことからきちんと返済期日を守り返済をしていくように心がけて行く姿勢が大切ですね。

期日が近づいて来たならば金額を用意して払えるようにしておきトラブルのないようにしましょう。

即日融資OKのキャッシングにおける注意点

急な出費が当日以内という喫緊の案件として発生し、それに対し手持ちのお金で対処出来ず、また都合により銀行等の口座から現金を下ろせない場合、当然最終的に頼るべきは即日融資可能なキャッシング、という結論に落ち着くでしょう。

キャッシングによる即日融資も可能という消費者金融業者や銀行も多いのですが、最低でも審査に伴う手続きが簡単である事、そしてお金を借入するATMが身近に存在する事が申し込む条件となるでしょう。

その点手元にそれらの業者のサービスサイトに接続出来る、パソコン等の端末があると大変便利。それさえあれば、後は自分の身分や収入を証明する簡単な書類や写真を用意すれば、すぐに送信し審査をお願いし、審査に通れば即最寄りのATMで必要な現金を借入する事が出来るのです。

そこで問題となるのは審査の判定が出るまでのレスポンス。即日融資の審査を依頼しているのは少なくとも自分だけではありませんから、当然混み合えば順番待ちで待たされるケースも出てきます。

即日融資の必要を感じたら即申し込むと共に、なるべく審査のレスポンスが短くて済む業者を選ぶと良いでしょう。

業者によっては審査の申込みから1時間前後でATMからの借入が可能となるケースもあり、想像以上に使い勝手は良いものです。

キャッシングの増額申し込みは慎重に

消費者金融でのキャッシングの上限金額は、年収の3分の1です。
しかし初回のキャッシングでは、そのさらに数分の1が借り入れ金額として提示されます。これは、キャッシングの利用者と消費者金融との信頼関係が、まだ十分に築かれていないからです。
逆に言えば、信頼されればより多くのお金をキャッシングできるということです。
そして信頼されるためには、借り入れと返済とを計画的に行う必要があります。無理のないペースでキャッシングをし、それを問題なく返済していれば、徐々に消費者金融から信頼されるようになるのです。

そして信頼度が消費者金融が独自に定めているレベルを超えると、電話やメールなどで増額について案内されるようになります。
増額とは借り入れ金額のアップのことで、これが認められると、以前よりも多くのお金を借り入れできるようになります。
また増額は、消費者金融からの案内がなくても申し込むことが可能です。ただし消費者金融からの信頼を得ていない場合には、増額申し込みをしても拒否されてしまいます。
返済遅延など信頼を失うようなことをしていた場合には、借り入れ金額がむしろ下がることもあります。そのため増額申し込みは、慎重に行うことが大事です。
消費者金融によっては、WEB上の会員ページで増額可能かどうかを確認できるので、それを見てから申し込みをすることもひとつの手です。

キャッシングが利用できる条件の確認

キャッシングが利用できる条件の確認をする事は計画を立てる場合においても重要です。キャッシングを利用する場合、仕事をしている事が条件になりますが、アルバイトの方や専業主婦などの場合、利用する事は出来るのでしょうか。まずキャッシングを利用する上で収入が安定している必要がありますが、アルバイトや派遣などでも、定期的に収入を得ており、安定した生活基盤が築けている場合は問題なくキャッシングの利用が可能です。また専業主婦の場合は収入を得ていない場合もありますが、配偶者が働いており、安定した生活ができている場合は、利用できる場合がほとんどです。

どちらも他に借金があった場合や、返済が怠っている場合は審査に落ちてしまう場合もあります。これはアルバイトや専業主婦以外の方でも同じなので、アルバイトの方や専業主婦が特別に通りにくいといった事はないと言えるでしょう。キャッシングの審査に落ちることを不安に思い、嘘の情報で審査を受けてしまう方もいますが、信用情報を傷つけてしまうので、絶対にやめるようにしましょう。安定した定期収入がある方はアルバイトでも、派遣社員でも問題は無いので自信を持って申し込んでみましょう。また銀行系のサービスよりも、消費者金融の方が取りやすいことも頭に入れておくと良いでしょう。

キャッシングの返済計画はしっかりと立てること

キャッシングの返済というのがとても重要なポイントになります。出来るだけ早く返済することができるのであれば、そうしたほうがよいでしょう。そうすることによって、負担が軽くなるからです。

キャッシングというのは、要するにお金を借りるサービス、ということになります。ですから、どうしても利息を支払うことになります。その利息の負担は長く借りれば借りるほど重くなります。ですから、早く返済しよう、ということになるわけです。

まずは約定返済がいくらであるのか、ということを確認するようにしましょう。そして、その上で随時返済をどんどん行っていくようにするのです。そうすればかなりしっかりと返済していくことができるようになります。お金を借りることはそんなに気軽にやらないほうがよいに決まっています。

ですから、基本的にはどうしようもないときのみに借りるようにしましょう。それが重要なポイントになります。総量規制などの強化によって借りにくくなっていると思うかもしれませんがキャッシングサービス自体が身近になりつつあるのは確かです。

敷居はとても下がっているといえますから、注意しておいたほうがよいのは確かでしょう。あくまで計画的に借りることです。