専業主婦でもキャッシングを利用できるのか

2010年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されたため、現在では個人の借入できる金額は年収の3分の1までと法律で定められています。そのため、現在では年収が300万円の人が借入可能な金額は100万円以下に制限されますし、専業主婦などの収入がない人は基本的にキャッシングを利用することができません。

しかし、専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すればキャッシングを利用することは可能です。配偶者貸付制度とは夫婦であることが証明可能なら、夫婦の年収の合算額の3分の1の金額まで借入可能となる制度です。つまり、専業主婦である妻の年収が0円でも、夫の年収が600万円なら200万円まで借入可能となるのです。また、銀行ローンは総量規制の対象外となっているので、銀行ローンなら収入のない専業主婦でも利用することは可能です。ただし、ほとんどの銀行ローンは本人に収入がないと申込めませんし、申込めたとしても夫に安定収入があることが条件となるので注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンを利用するとメリットになる点

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行が提供するカードローンでネット銀行のカードローンの中で一番人気があります。利用すると楽天スーパーポイントが貯まる特典もあるので楽天銀行の口座を持っている人がよく利用しています。また楽天銀行スーパーローンを利用するとメリットになる点もあるので紹介していく事にしましょう。

・スマホで借入や返済をする事が出来る

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申込、契約、借入、返済の手続きをネット上で行う事になります。借入や返済の手続きもネット上でする事になるのでスマホを操作するだけで出来てしまいます。また借入や返済しているところを他に人に見られる事もなくなるのでメリットになります。

・借入希望額が300万円以下は収入証明書の提出が不要

楽天銀行スーパーローンは借入希望額が300万円以下の場合は収入証明書の提出が不要になります。収入証明書は源泉徴収票や課税証明書などが適用されるので準備するのに手間がかかる事があります。収入証明書の提出が不要になれば申し込みをする前に準備するのも本人確認書類だけになるので手間が省けます。準備に手間をかけたくない人はメリットになるので楽天銀行スーパーローンを利用する事が多いです。

キャッシングが利用できる条件の確認

キャッシングが利用できる条件の確認をする事は計画を立てる場合においても重要です。キャッシングを利用する場合、仕事をしている事が条件になりますが、アルバイトの方や専業主婦などの場合、利用する事は出来るのでしょうか。まずキャッシングを利用する上で収入が安定している必要がありますが、アルバイトや派遣などでも、定期的に収入を得ており、安定した生活基盤が築けている場合は問題なくキャッシングの利用が可能です。また専業主婦の場合は収入を得ていない場合もありますが、配偶者が働いており、安定した生活ができている場合は、利用できる場合がほとんどです。

どちらも他に借金があった場合や、返済が怠っている場合は審査に落ちてしまう場合もあります。これはアルバイトや専業主婦以外の方でも同じなので、アルバイトの方や専業主婦が特別に通りにくいといった事はないと言えるでしょう。キャッシングの審査に落ちることを不安に思い、嘘の情報で審査を受けてしまう方もいますが、信用情報を傷つけてしまうので、絶対にやめるようにしましょう。安定した定期収入がある方はアルバイトでも、派遣社員でも問題は無いので自信を持って申し込んでみましょう。また銀行系のサービスよりも、消費者金融の方が取りやすいことも頭に入れておくと良いでしょう。