キャッシングの増額申し込みは慎重に

消費者金融でのキャッシングの上限金額は、年収の3分の1です。
しかし初回のキャッシングでは、そのさらに数分の1が借り入れ金額として提示されます。これは、キャッシングの利用者と消費者金融との信頼関係が、まだ十分に築かれていないからです。
逆に言えば、信頼されればより多くのお金をキャッシングできるということです。
そして信頼されるためには、借り入れと返済とを計画的に行う必要があります。無理のないペースでキャッシングをし、それを問題なく返済していれば、徐々に消費者金融から信頼されるようになるのです。

そして信頼度が消費者金融が独自に定めているレベルを超えると、電話やメールなどで増額について案内されるようになります。
増額とは借り入れ金額のアップのことで、これが認められると、以前よりも多くのお金を借り入れできるようになります。
また増額は、消費者金融からの案内がなくても申し込むことが可能です。ただし消費者金融からの信頼を得ていない場合には、増額申し込みをしても拒否されてしまいます。
返済遅延など信頼を失うようなことをしていた場合には、借り入れ金額がむしろ下がることもあります。そのため増額申し込みは、慎重に行うことが大事です。
消費者金融によっては、WEB上の会員ページで増額可能かどうかを確認できるので、それを見てから申し込みをすることもひとつの手です。

借入限度額の増額は可能です

消費者金融のキャッシングに申し込んでみたところ、私はフリーターなのですが審査に通してもらうことができました。これで私は晴れてキャッシングを利用して融資を受けられることになった訳ですが借入できる金額は10万円までという制限が設けられてしまいました。

この借入制限は私だけではなはキャッシングの利用者には誰にでも設けられているものです。正社員として働いているひとの借入限度額は30万円くらいらしいと聞いたことがあります。私は正社員ではなく非正規雇用で働いているので、それだけ信用が低く設定されてしまい10万円までとなったのだと思います。

借入限度額は10万円となりましたが特に不満は感じていません。生活していくうえでお金がちょっと足りなくなってしまったときにキャッシングでお金を借りたいと思い申し込んだので10万円もあれば何の不自由もありません。この借入限度額は申し込みの際に設定されますが真面目にキャッシングを利用していくことを繰り返していけば増額も可能だと聞きました。

今のところ私はいちどに10万円も借りることはないと思いますが、今後はどうなるか判りません。もしかすると将来はもっとお金が必要になるかも知れませんので、借りたお金はちゃと返済することを繰り返して借入限度の増額を目指しても良いかなと思っています。