カードローンと目的ローンはそしてクレジットカードは使い分けが重要!

カードローンやフリーローンは、事業性資金でなければ利用目的は自由です。そのため、商品の購入やサービス利用の支払いに利用することも可能です。しかしながら、現金支払以外の選択肢があるものの、キャッシングにより現金を調達して支払うのは得策ではありません。

商品やサービスの代金支払いは割賦払いすなわち目的ローンが利用でき、クレジットカードも利用できます。これらの金融サービスはキャッシングに比べ、金利は低く設定されており、総支払額はキャッシング利用よりも抑えられます。クレジットカードの契約に期間が掛かるからといってキャッシングで支払うのは避けるのがベストです。最近ではアコムがクレジットカードを発行しており、キャッシング契約と同じように当日契約とカードの発行に対応しています。まずは、キャッシングよりも支払額が少ない方法があることを知っておくことがポイントです。