主婦のキャッシングには総量規制に注意しよう

主婦がキャッシングを行なって家計管理をするためには、主婦本人にパート勤務といった収入があるかが重要です。
なぜなら、2010年6月に改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法に準拠した貸付業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けているからです。

総量規制は、本人の年収に対して1/3迄の範囲までしか貸付出来ないように制限を設けているので、主婦本人に収入が無い専業主婦の場合には、残念ながら消費者金融や信販会社からの借入れは出来ません。
あくまでもパート収入といった主婦本人に収入がある場合のみ、貸金業法に基づく貸付が受けられるわけです。

しかし、世の中には配偶者が多忙で専業主婦が家計管理を行っているケースは少なくありません。
総量規制の対象となるのは、あくまでも貸金業法に準拠した金融業者に限定されることに着目すれば、銀行法や信用金庫法といった別の法律が適用されている金融機関ならば、総量規制対象外です。
専業主婦が本人名義で借入れを行なう際には、配偶者貸付という制度を利用する必要があります。
難しいものではなく、銀行や信用金庫のカードローンを利用する際に、配偶者の収入を申告して審査を受ければ良いだけです。