総量規制対象外となりますとこれは銀行関係になります

貸付に関する総量規制がキャッシングなどにはあるのですが、これは消費者金融に関するものになります。貸金業に対する規制になりますから、銀行などは対象外となるようになっています。それが総量規制対象外という事になります。或いは消費者金融でも対象外となる条件があったりします。それがおまとめローンなどになります。

これは借り手にメリットがあるからです。多くの場合、おまとめローンは金利が安くなりますし、これから返済をしていくということになりますから、これに関しては適用を除外させよう、ということになっています。ですから、必ずしも消費者金融では常に総量規制がかかる、というわけではない、と言うのは覚えておく価値があるでしょう。

総量規制対象外のサービスとキャッシングの使い分け

総量規制とは、貸金業法で定められた債務が過剰に増えないようにする為の仕組みであり、キャッシングなどの個人向け融資の利用者が利用しているキャッシングの総限度額がユーザーの年収の3分の1までしか設定されないというものです。

総量規制の対象は、主に消費者金融会社のキャッシングですので、その他のローンでは、総量規制が適用されません。

キャッシングは、利用用途が制限されていませんので、多くの人々に利用されています。

その為、使い途に自由度があるキャッシングと総量規制対象外の融資サービスを併用すれば、それぞれの強みを活かす事ができ、効率的に融資を受けられる環境を構築出来ます。

キャッシングは、全国に設置されている提携ATMを通して融資や返済が行えますので利便性が高い融資サービスとして利用する事が出来るでしょう。