金利を重視するか借りやすさを重視するか

キャッシングを利用できる金融機関は大きく分けて、銀行と消費者金融などの貸金業者に区別することができます。細かく言えば、たくさんの違いに言及することができますが、大きく言えば銀行は貸金業者より金利が低いが審査が厳しく、貸金業者は金利は高いが審査が銀行ほど厳しくないと言っていいでしょう。

このことから考えてみれば明らかですが、銀行で借りることができるくらいの信用度があれば金利の低い銀行を利用することが合理的ですし、信用度にあまり自信がないという人は貸金業者を利用することが合理的な選択となります。もし、自分の信用度があまりわからなかれば、金融機関のサイトの簡易審査のページなどを利用してみることがおすすめです。

総量規制対象外となりますとこれは銀行関係になります

貸付に関する総量規制がキャッシングなどにはあるのですが、これは消費者金融に関するものになります。貸金業に対する規制になりますから、銀行などは対象外となるようになっています。それが総量規制対象外という事になります。或いは消費者金融でも対象外となる条件があったりします。それがおまとめローンなどになります。

これは借り手にメリットがあるからです。多くの場合、おまとめローンは金利が安くなりますし、これから返済をしていくということになりますから、これに関しては適用を除外させよう、ということになっています。ですから、必ずしも消費者金融では常に総量規制がかかる、というわけではない、と言うのは覚えておく価値があるでしょう。