消費者金融で無利息サービスが適用された時の注意点

アコムやプロミスなど大手の消費者金融では初めて利用する時に無利息サービスが適用されます。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済する時に負担が少なくなるのがメリットになります。しかし無利息サービスが適用された時に注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで無利息サービスが適用された時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・借り過ぎないようにする

無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息になるので少し余分に借りてしまう人も多いです。それで借り過ぎてしまうと無利息サービスが終了しても完済出来なくてその後に利息が加算されてしまいます。消費者金融は金利が高く設定されているので利息が多く加算されてしまい返済が困難になってしまう可能性があります。無利息サービスが適用されても油断しないで必要な分だけ借りるようにしましょう。

・返済期日までに必ず支払う

無利息サービスが適用された時に返済期日までに支払わないと遅延損害金を支払わなければいけなくなります。遅延損害金は金利が高く設定されているので通常の借り入れより加算される利息が多くなってしまいます。それで返済が困難になってしまう可能性があるので無利息サービスが適用された時は返済期日までに必ず支払うようにしましょう。

主婦のキャッシングには総量規制に注意しよう

主婦がキャッシングを行なって家計管理をするためには、主婦本人にパート勤務といった収入があるかが重要です。
なぜなら、2010年6月に改正貸金業法が完全施行されて以降、貸金業法に準拠した貸付業務を行なう消費者金融や信販会社は、総量規制の影響を受けているからです。

総量規制は、本人の年収に対して1/3迄の範囲までしか貸付出来ないように制限を設けているので、主婦本人に収入が無い専業主婦の場合には、残念ながら消費者金融や信販会社からの借入れは出来ません。
あくまでもパート収入といった主婦本人に収入がある場合のみ、貸金業法に基づく貸付が受けられるわけです。

しかし、世の中には配偶者が多忙で専業主婦が家計管理を行っているケースは少なくありません。
総量規制の対象となるのは、あくまでも貸金業法に準拠した金融業者に限定されることに着目すれば、銀行法や信用金庫法といった別の法律が適用されている金融機関ならば、総量規制対象外です。
専業主婦が本人名義で借入れを行なう際には、配偶者貸付という制度を利用する必要があります。
難しいものではなく、銀行や信用金庫のカードローンを利用する際に、配偶者の収入を申告して審査を受ければ良いだけです。

カードローンならば審査時間が短く済む

カードローンで借入を行なった資金は、利用規約に違反しない範囲内ならば自由に使うことが出来ます。返済を滞らせない限りは、実際の利用目的について細かく指摘されることはありません。入院費や手術費用を支払う際に利用できる医療用ローンは、審査基準が厳しい割に金利が安いとは限らないので、返済計画さえしっかり立ててしまえば、カードローンの借入金で賄っても良いでしょう。銀行カードローンが利用出来るならば、目的別ローンとは異なり即日審査に対応している銀行も登場しています。

従来は銀行の営業時間内のみしか審査に対応していなかった銀行カードローンは、消費者金融と同様に土日であっても審査業務を行っているケースがあります。背景としては、実際の審査を行っているのは、指定された保証会社だからです。保証会社は、銀行の傘下に入っているか提携関係にある信販会社や消費者金融が指定されており、ノンバンクの審査システムを銀行カードローンに導入しているからこそ、土日であっても審査業務が行えるわけです。最終的な専用ローンカード発行業務については、銀行が行なうことになりますが、テレビ窓口などを利用してオペレーター業務を行なう人は、外部スタッフを使うことも可能です。

専業主婦が楽天銀行スーパーローンを利用する2つのメリット

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので大手銀行のカードローンに比べて利便性が高いと言われています。それにより大手銀行のカードローンより楽天銀行スーパーローンを選ぶ人が増えてきていますが、実は専業主婦が利用するとメリットになる点もあります。そこで専業主婦が楽天銀行スーパーローンを利用するメリットを挙げていく事にしましょう。

・他の銀行カードローンに比べて限度額が高い

大手銀行のカードローンも専業主婦の利用が可能ですが、限度額が最大で30万円までに抑えられてしまいます。それにより借り入れする時に不都合になってしまう事もあります。しかし楽天銀行スーパーローンは専業主婦が利用する時の限度額が最大で50万円になります。他の銀行カードローンに比べて限度額が高いのがメリットになります。

・スマホですべての手続きをする事が出来る

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申込方法はネットで行う事になります。それによりスマホですべての手続きをする事が出来るので他の人にお金を借りる事を内緒にする事が出来ます。専業主婦がお金を借りる時は他の人には知られたくないものなのでスマホですべての手続きをする事が出来るのはメリットになります。

プロミスを使う利点はどんな事?

消費者金融は中小から大手までいろいろです。でもみんなが気になるのは特に大手の消費者金融。ここではプロミスを使う利点について見ていきましょう。

・審査時間が短い

 プロミスの審査時間は短い時で30分で終わります。プロミスが独自に開発している属性スコアリングシステムにより、審査の速度を劇的にアップさせました。ネットで申し込んで来店しなくても契約まで完了できます。

 したがって急いで融資を受けたい人にはお勧めできます。

・携帯ATMの数が多い

 プロミスの特徴にはATMの数が多い点が挙げられます。利用できる携帯ATM数は業界内でも著しく多いです。コンビニに備え付けてあるATMだけでなくて、地方銀行のATMを利用する事も出来ます。

・24時間振り込み融資ができる

 プロミスでは三井住友銀かジャパンネット銀行の口座を所持していれば、24時間いつでも振り込み融資が可能です。これは瞬フリサービスと言います。例えば夜でも急にお金が必要になった時にも便利です。

・上限金利が低い

 大手の消費者金融で例えば、アコムやアイフルなどでは上限金利が18.0%なのに対してプロミスの場合には上限金利が17.8%です。少しでも金利を抑えたい人にはプロミスの金利は魅力的です。

 費者金融にはそれぞれに特徴がありますから、他の消費者金融と比較してみましょう。自分の希望に合う会社を見つかるかもしれません。

銀行カードローンの驚くべき貸付制限

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いと言えば、総量規制に対象であるか対象外であるかということです。2010年の貸金業法の改正によって消費者金融を含む貸金業者には総量規制が導入され、顧客の年収の三分の一以上の貸付に制限が設けられました。

いわばこれは、法律的に年収の三分の一以上の貸付をすれば、顧客の返済能力を超えてしまう可能性があるということを認定したものと解釈できると思われます。銀行カードローンに総量規制が導入されなかったのは銀行は審査に厳しいので貸金業者のように法的な規制をしなくても返済能力を超えた貸付をしないということであったと考えられます。

しかし、最近になって銀行カードローンの過剰融資問題が発覚しました。銀行カードローンの顧客への過剰融資が自己破産者の増加を招いているとわかったからです。

金融庁などの指導によって銀行は自主規制として融資限度額を減少することなどを導入しましたが、メガバンクの一つの「みずほ銀行カードローン」では貸付限度額を年収の二分の一から年収の三分の一にするということです。なんと、貸金業者では法的規制が入っている金額をメガバンクのカードローンが貸付可能であったということです。これを聞いて銀行の信用度も地に落ちたと感じる人はかなりいるでしょう。

楽天銀行スーパーローンを利用するとメリットになる点

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行が提供するカードローンでネット銀行のカードローンの中で一番人気があります。利用すると楽天スーパーポイントが貯まる特典もあるので楽天銀行の口座を持っている人がよく利用しています。また楽天銀行スーパーローンを利用するとメリットになる点もあるので紹介していく事にしましょう。

・スマホで借入や返済をする事が出来る

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申込、契約、借入、返済の手続きをネット上で行う事になります。借入や返済の手続きもネット上でする事になるのでスマホを操作するだけで出来てしまいます。また借入や返済しているところを他に人に見られる事もなくなるのでメリットになります。

・借入希望額が300万円以下は収入証明書の提出が不要

楽天銀行スーパーローンは借入希望額が300万円以下の場合は収入証明書の提出が不要になります。収入証明書は源泉徴収票や課税証明書などが適用されるので準備するのに手間がかかる事があります。収入証明書の提出が不要になれば申し込みをする前に準備するのも本人確認書類だけになるので手間が省けます。準備に手間をかけたくない人はメリットになるので楽天銀行スーパーローンを利用する事が多いです。

キャッシングが利用できる条件の確認

キャッシングが利用できる条件の確認をする事は計画を立てる場合においても重要です。キャッシングを利用する場合、仕事をしている事が条件になりますが、アルバイトの方や専業主婦などの場合、利用する事は出来るのでしょうか。まずキャッシングを利用する上で収入が安定している必要がありますが、アルバイトや派遣などでも、定期的に収入を得ており、安定した生活基盤が築けている場合は問題なくキャッシングの利用が可能です。また専業主婦の場合は収入を得ていない場合もありますが、配偶者が働いており、安定した生活ができている場合は、利用できる場合がほとんどです。

どちらも他に借金があった場合や、返済が怠っている場合は審査に落ちてしまう場合もあります。これはアルバイトや専業主婦以外の方でも同じなので、アルバイトの方や専業主婦が特別に通りにくいといった事はないと言えるでしょう。キャッシングの審査に落ちることを不安に思い、嘘の情報で審査を受けてしまう方もいますが、信用情報を傷つけてしまうので、絶対にやめるようにしましょう。安定した定期収入がある方はアルバイトでも、派遣社員でも問題は無いので自信を持って申し込んでみましょう。また銀行系のサービスよりも、消費者金融の方が取りやすいことも頭に入れておくと良いでしょう。

楽天銀行ブライダルローンの金利情報など

結婚式を挙げるためには多額の費用が必要となるため、自らの貯蓄だけではまかないきれないというケースは往々にしてあります。お金はないけれど結婚式は挙げたい、というカップルに利用を勧めたいのが、ブライダルローンであり、大手インターネット銀行である楽天銀行が取り扱っているブライダルローンならば、来店不要で契約できる上に低金利となっているので、お得に資金を調達する事ができます。同サービスの契約条件や申し込み方法等について確認していきましょう。

・金利と融資限度額

金利は年7.0%の固定制となっていて、融資限度額は10万円から300万円までで1万円単位で希望額の設定ができます。楽天銀行のローンといえばカードローンが有名ですが、カードローンの場合は金利条件が年1.9%から14.5%となっているので、こちらの承認を選んだほうが低金利で契約できる可能性が高いと考えられます。

・審査書類について

申込はインターネットから行うこととなるので、申込書類の提出は不要となっているのですが、審査書類はいくつか提出する必要があります。具体的には本人確認書類・収入証明書類・資金用途確認書類が契約申込時に必要となり、融資実行後には支払済確認書類の提出が必要となります。

新生銀行カードローンレイクを初めて利用する以外の人が多く利用している理由は?

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息と2種類の無利息サービスが用意されているので初めて利用する人にとっては大きなメリットになります。しかし新生銀行カードローンレイクを初めて利用する以外の人も多く利用しています。新生銀行カードローンレイクは金利が高く設定されているなどデメリットになってしまう事もありますが、なぜ初めて利用する以外の人も多く利用しているのかその理由を検証していきましょう。

新生銀行カードローンレイクは申込、契約、借入、返済とすべての手続きをインターネット上で出来るという特徴があります。そのためインターネット環境が整っていればどこでも手続きが出来てしまいます。またインターネット上での手続きという事で24時間いつでも可能なので自分の都合に合わせるという事も出来ます。インターネット上ですべての手続きが出来ると来店不要、カード発行不要、郵送物一切なしとメリットになる事も多いのでその辺りが主な理由でしょう。