即日キャッシングの審査に通るためには

時代は今、即日融資が一般的になっています。キャッシングの審査が非常にシンプルになったおかげで、延滞などの実績がなかったり、収入がしっかりあることが分かれば、1時間くらいでキャッシングが利用できてしまいます。

もちろん、仕事をしていないと即日の場合には審査に通らない可能性が高まります。通常のキャッシング審査でも無職はかなり不利になりますから、確実にキャッシングの審査の通りたいと思っているのであれば、長期のお仕事に就いておくことが重要です。

日雇いなどの派遣労働をしている方の場合には、やはり仕事が安定しないという意味で審査に落ちる可能性も出てきます。同じアルバイトであってもフルタイムで5日働く人と、数時間の出勤で3日働く人では審査の通り方は変わってきます。

やはりフルタイムで仕事をしている方がキャッシングの審査は通りやすくなります。もし、即日で融資を受けたいということであれば、最初に安定して働けるお仕事を見つけることが重要です。

カードローンと目的ローンはそしてクレジットカードは使い分けが重要!

カードローンやフリーローンは、事業性資金でなければ利用目的は自由です。そのため、商品の購入やサービス利用の支払いに利用することも可能です。しかしながら、現金支払以外の選択肢があるものの、キャッシングにより現金を調達して支払うのは得策ではありません。

商品やサービスの代金支払いは割賦払いすなわち目的ローンが利用でき、クレジットカードも利用できます。これらの金融サービスはキャッシングに比べ、金利は低く設定されており、総支払額はキャッシング利用よりも抑えられます。クレジットカードの契約に期間が掛かるからといってキャッシングで支払うのは避けるのがベストです。最近ではアコムがクレジットカードを発行しており、キャッシング契約と同じように当日契約とカードの発行に対応しています。まずは、キャッシングよりも支払額が少ない方法があることを知っておくことがポイントです。

おまとめローンを利用して完済する方法

複数社から借り入れを行っている人は、おまとめローンというサービスを利用し、複数社を一社にまとめ支払う方が、完済が早まります。それぞれの消費者金融や銀行は、各社システムが異なるので、すべての会社の金利やサービスの詳細を把握するのは大変です。

一点突破というか、一本化して明確に返済額を把握し、管理できるようにした方が、返済プランが練りやすいです。ただ、おまとめローンは、やはり審査が通りにくく、総合的に見ると金利が高くなってしまった・・・という事もあるので、おまとめローンで一本化する前に、現状と一本化したあとを比較し、行動にうつしましょう。複数の会社から借りているよりも、一社にした方がストレスが少なく、精神面でもかなり楽になると思います。

キャッシングの本人確認について

消費者金融や銀行などの金融機関で、キャッシングを利用する時は、必ず本人確認があります。

本人確認の提出書類は、主に、「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などがあります。

それ以外では、「住民票」「年金手帳」「印鑑証明」なども受け付けている機関もあります。

顔写真が入っている免許証などの書類は、本人である事が確認しやすいのでよく使われます。

また、外国籍の方の場合は、「在住カード」「特別永住証明書」の提出を求められます。

もし、記載された住所と現在の住所が異なる場合は、それらが確認できる追加の書類が必要になります。

書類の提出方法は、インターネットを使った書類の画像の送信や店舗に持参、FAXでの送信、郵送などがあります。

書類での本人確認以外では、「在籍確認」というものがあり、勤務先や自宅などに金融機関から電話で本人確認があります。

個人名を使ってかける所や金融名でかける所など、利用する金融機関によって違います。

キャッシングの利用は審査通過後になる

お金が無い時に便利なキャッシングですが、ただ申し込むだけでは利用できません。申し込むと審査が待っていて、それに通ってこそ利用できるのです。ゆえに、もしも審査に落ちてしまったら、残念ながら一円も借りられません。

しかし一人前の自立した社会人であるならば、キャッシングの審査は普通に通ると考えて間違いありません。なぜなら審査に落ちてしまう人とは、既に借金を抱えていたり、あるいは収入が極端に少ないなどの何か特別な問題を抱えている人たちだけだからです。

また、最近では学生や主婦向けのキャッシングも充実していますので、自分の身の丈に合った少額の借金であるなら、キャッシングの審査も通りやすくなっています。まずはきちんと申し込んで審査を受けてみましょう。

自動契約機を使ったキャッシングの利便性とは

キャッシングを利用する方法はいくつか消費者金融会社から提供されています。全国各地に消費者金融会社の自動契約機が設置されており、これを使って申込みをする事が可能ですので利便性が高いです。

自動契約機は、近年コンピューターやインターネット環境の進化によって、機能面でも操作性の高さでも向上しており、タッチパネルを操作して申込みの手続きを進めていきます。自動契約機を使ったキャッシングの申込みをする場合には本人確認書類を用意しておく必要があります。運転免許証や健康保険証やパスポートなどが有効な書類であり、これらを自動契約機の所定のスキャナーで読み取って画像データ化します。そして、申し込みデータと共に審査センターへ送信して、審査の結果を待ち、審査を通過して契約をすれば、融資を受けられます。

カードローンを計画的に利用するには

最近カードローンの過剰融資により自己破産者が増加しているとニュースを耳にします。こういうニュースを見るとカードローンの契約に躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、計画的に利用していればそれほど怖いものではありません。

計画的に利用するとは、収入の範囲内で確実に返済できる金額のみを借り入れることを言います。現在カードローンは最大でも年収の3分の1までしか借りられませんが、これでも借入額が多過ぎます。目安はせいぜい年収の15%が限度で、これなら確実に返済できるでしょう。

なおなお初回借入額は20万円前後と多くはありませんが、きちんと返済していれば増額が認められます。しかし安易に融資限度額を増やさず、余計な借入を増やさないことが計画的な利用だと言えるのです。

アルバイトやパートでも安心な消費者金融のキャッシング

非正規雇用のアルバイトやパートといった立場の方は、お金を借りたいというときに弱い立場となってしまうことが多く、審査に落とされてしまうことがしばしばあります。また、審査にかかる時間も非常に長引いてしまうことになります。特に金融機関の貸付審査は非常に厳しく、正規雇用として働いていないアルバイトやパートの方は非正規雇用だという点があだとなってしまい、審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。非正規雇用として働いている方は収入が安定しづらいというのがその理由です。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でもお金を借りられる方法はあります。それは消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、安定した収入が継続してある方ならば問題なく審査に通ることができるからです。消費者金融のキャッシングでは安定した収入があれば雇用の形態が審査に結果に影響することはありません。そのため、これまで金融機関に融資を断られた方や審査に落とされてしまうことが不安だという方は、特に審査が厳しいというわけではない消費者金融のキャッシングに申し込むようにしてはいかがでしょうか。消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートとして働いている方でも安心です。

総量規制対象外のサービスとキャッシングの使い分け

総量規制とは、貸金業法で定められた債務が過剰に増えないようにする為の仕組みであり、キャッシングなどの個人向け融資の利用者が利用しているキャッシングの総限度額がユーザーの年収の3分の1までしか設定されないというものです。

総量規制の対象は、主に消費者金融会社のキャッシングですので、その他のローンでは、総量規制が適用されません。

キャッシングは、利用用途が制限されていませんので、多くの人々に利用されています。

その為、使い途に自由度があるキャッシングと総量規制対象外の融資サービスを併用すれば、それぞれの強みを活かす事ができ、効率的に融資を受けられる環境を構築出来ます。

キャッシングは、全国に設置されている提携ATMを通して融資や返済が行えますので利便性が高い融資サービスとして利用する事が出来るでしょう。

金利が気になる方は銀行カードローンがおすすめ

消費者金融のキャッシングは業者もたくさんあり、業者の中には必要なときに瞬時に振り込みをしてくれるサービスを提供しているところもあります。
そのため、急に金策をする必要に迫られた方の多くはその手段として消費者金融のキャッシングを利用することがほとんどなのですが、消費者金融のキャッシングには金利が高いというデメリットもあります。

もちろん消費者金融のキャッシングの場合、お金を借りるにあたって担保も保証人も要らない代わりとして高めに金利となっているのですが、金利の高さというものは利息の額に大きく影響してくるのでまだ消費者金融のキャッシングでお金を借りたことのない人の中には、利息の支払いが心配だという方もおられるはずです。そのような方におすすめなのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングによく似たサービスですが両者を比較した場合、金利面で銀行カードローンの方がより消費者にやさしい設定となっています。
銀行カードローンの金利は銀行ごとにそれぞれ多少の違いはありますが、消費者金融のキャッシングと比べて数パーセントは金利が低く設定されているので、初めてお金を借りるという方でも利息の支払いが大きな負担に感じることなく安心して利用することができます。